馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 阪神 函館

【関東オークス】JRAの伏兵、ハービンマオが快勝 3連単10万馬券の波乱に

2018年6月13日20時29分  スポーツ報知

 ◆第54回関東オークス・交流G2(6月13日、ダート2100メートル、川崎競馬場、稍重)

  3歳牝馬による地方交流G2は、JRA4頭を含む13頭によって、ナイター開催の川崎競馬場で行われた。松岡正海騎手が騎乗した6番人気のJRAのハービンマオ(美浦・中舘英二厩舎、父ハービンジャー)が直線で差し切って、重賞初挑戦を勝利で飾った。

 2着は5番人気だった地元・川崎のゴールドパテック(山崎誠士騎手)、3着は逃げ粘った3番人気の大井のクレイジーアクセル(御神本訓史騎手)が入った。1番人気のララプリムヴェール(和田竜二騎手)は6着に終わった。

 松岡騎手(ハービンマオ=1着)「ペースが速かったのでどうかなと、思っていたが、向こう正面で前に追いついたので、これならと思った。自分のリズムで駆けると、最後は伸びてくれるので、自分のリズムだけを大切にしました。距離ももつし、気性も素直。僕は川崎が地元なので、また(川崎に)来て、勝ちたいなと思います」

PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)