大事な前哨戦(栗東)

2017年3月9日20時44分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。今日は栗東からのパッチパチ。では、行ってみましょうか。

 さて、昨日はスリランカ料理を堪能したことを書きましたが、実はその後に向かった場所がメインディッシュでして、それが数年ぶりとなる日本酒の利き酒。大阪のある酒屋さんが、試飲コーナーを作っておりまして、1杯200円で色々な種類の日本酒を堪能できる。実は数年前に行った時も、当ブログで触れてはいるんですけど、久々の再訪となったのです。で、当時も絶賛したはずですが、酒を寝かせて造った非常に濃い日本酒、貴蒸酒というモノを気分よく飲んでいたのです。

 ところが、様々なスパイスを使ったスリランカ料理のダメージがジワッと後々になって響いてきまして、胃の重さがなかなか取れないのです。実はその数時間後、夜には別件でホームの三宮(神戸の繁華街)で飲み会を入れていたんですが、向かう予定だったのが家庭料理の美味しい店。胃袋が全く機能しそうにないワタクシには厳しいと早めに自己判断しまして、相方にドタキャンを申し入れてしまったのです。昔はメチャクチャなスケジュールでも白旗を掲げるようなことは、まずしなかったはず。体力だけではなく、気力の衰えも半端ない今日この頃。そろそろ、規則正しい生活を取り入れるべきかもしれません。

 ということで、そろそろ本題へ。今日は栗東からナマ情報をお伝えしていきましょう。

 来週は皐月賞トライアル、スプリングSが行われます。本日は残念なことに美浦からブレスジャーニーが骨折との知らせ。とはいえ、メンバーの集まるトライアルと言えそうです。栗東からの代表格は安田隆厩舎の【モンドキャンノ(牡、父キンシャサノキセキ)】でしょうかね。安田隆調教師から「距離が…」という“泣き”をよく聞くんですが、実際は4戦2勝2着2回で、昨年の朝日杯FSでも2着ですからね。今週はコンビを組む大野Jが駆けつけ、1週前追い切りが行われました。「すごくいい感触をつかんでくれたみたいです。体重はそれほど変わりませんが、精神面の成長を感じますね」と安田隆調教師は手応えを口にします。大目標はもちろん、NHKマイルC。今回はスタミナも必要な東京マイルという舞台を見据えて、中山芝1800メートルへの起用を決断。本番が楽しみになるような走りを期待したいですね。

 あとは、友道厩舎の【トリコロールブルー(牡、父ステイゴールド)】でしょうか。今週はMデムーロJの騎乗で1週前追い切りを行いました。「レース前はテンションが高かったけど、馬場に入ってからは落ち着いていた。レースでも前の馬がフラフラしていたけど、最後はよく伸びましたね。どちからと言えば、ピッチ走法だから、小回りにも対応できると思いますよ」と友道調教師。本番へ向けて、この距離短縮にも対応できるようなら、主役候補の1頭でしょう。若葉Sで復帰予定の【インヴィクタ(牡、父ハービンジャー)】も順調に調整中のようです。この若葉Sは若駒Sを勝った【アダムバローズ(牡、父ハーツクライ)】と、新馬で非常に強い勝ち方だった中内田厩舎の【エクレアスパークル(牡、父ハーツクライ)】も参戦を視野に入れているようです。そうそう、中内田厩舎といえば、既走馬相手に未勝利を勝った【チャレアーダ(牝、父ディープインパクト)】は君子蘭賞に参戦する可能性があるとのことでした。

 さて、宮厩舎でチューリップ賞10着だった【エントリーチケット(牝、父マツリダゴッホ)】は賞金が900万円ということもあり、桜花賞を目標とせず、状態次第でファルコンSかマーガレットSを目標にするとのこと。「今年の牝馬は強いし、このぐらいの距離の方が走りやすそう。ファルコンSの結果次第では、また桜花賞ということになるかもしれないけどね」と宮調教師。まぁ、とにかく今週の栗東では昨日も書きましたが、ソウルスターリングの強さに驚き、脱帽するような話をよく聞きましたわ。

 最後に河内厩舎で先週の平場500万で2着だった【プラチナムバレット(牡、父マンハッタンカフェ)】は毎日杯への出走を予定しています。さらに、チューリップ賞で11着だった【ワールドフォーラブ(牝、父ディープインパクト)】は距離を延ばした君子蘭賞で新味を求めるようです。今日はここまで、また明日です。ではでは

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)