馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都

ハイレベル(栗東)

2017年3月11日17時48分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。今日は実に久々の名古屋出張、中京競馬場にきております。ではでは、行きますか。

 さて、昨日は名古屋で久々に友人と会うこともなく、夜遅くに到着してからはフリーな状態。到着するとすぐに小腹がすいたので、台湾ラーメンが有名な中華料理店へ行こうと決めたのです。で、ホテルのフロントの方に「歩いて何分ぐらいですかね?」と聞くと、「20分はかかるかも」との返事。結構な距離だなと思いつつ向かったのですが、これが意外に10分もかからないうちに到着したんです。広い店内は大盛況で、相席になったんですが、ビールと辛い台湾ラーメンを堪能した後、熱くなった体でホテルへ戻る時も、やはり所要時間は10分程度。

 以前から何度か書いてますが、ワタクシは小学生時代、片道だけで50分近くかけて登校していたんですよね。だから、往復1時間40分、毎日歩いていたことになります。だから、実は長々と歩くってことが全く苦にはなりません。そして、子供の頃の影響と思えることがもう一つ。人からよく指摘を受けるんですが、歩くスピードが人より速いようなんです。特に空腹と戦っていた昨夜、一人で目的地へ向かうとなれば、自然とピッチも上がっていたはずで…。

 まぁ、ウォーキングが結構な運動になるのなら日常に取り入れようかなと思いつつ、そろそろ本題へ。今日は中山でアネモネSが行われまして、桜花賞の優先出走権がさらに2枠埋まりました。ということで、牝馬の賞金順を先週分から更新しておきましょう。

チューリップ賞〈1〉【ソウルスターリング(牝、父Frankel)】=美浦・藤沢和

チューリップ賞〈2〉【ミスパンテール(牝、父ダイワメジャー)】=栗東・昆

チューリップ賞〈3〉【リスグラシュー(牝、父ハーツクライ)】=栗東・矢作

アネモネS〈1〉【ライジングリーズン(牝、父ブラックタイド)】=美浦・奥村武

アネモネS〈2〉【ディアドラ(牝、父ハービンジャー)】=栗東・橋田

〈6〉【リエノテソーロ(牝、父Speightstown)】=美浦・武井(3950万)

〈7〉【ジューヌエコール(牝、父クロフネ)】=栗東・安田隆(3100万)

〈8〉【レーヌミノル(牝、父ダイワメジャー)】=栗東・本田(2700万)

〈9〉【アドマイヤミヤビ(牝、父ハーツクライ)】=栗東・友道(2650万)

〈10〉【ヴゼットジョリー(牝、父ローエングリン)】=栗東・中内田(1950万)

〈11〉【ミスエルテ(牝、父Frankel)】=栗東・池江(1850万)

〈12〉【アエロリット(牝、父クロフネ)】=美浦・菊沢(1800万)

〈12〉【ブラックオニキス(牝、父ブラックタイド)】=美浦・加藤和(1800万)

〈14〉【アロンザモナ(牝、父ストリートセンス)】=栗東・西浦(1400万)

〈15〉【サロニカ(牝、父ディープインパクト)】=栗東・角居(1400万)

〈16〉【クインズサリナ(牝、父ダノンシャンティ)】=栗東・西村(1200万)

〈16〉【サトノアリシア(牝、父ハービンジャー)】=栗東・平田(1200万)

〈16〉【ディーパワンサ(牝、父ディープブリランテ)】=栗東・松下(1200万)

 賞金900万組には、ほぼ絶望的な今年の桜花賞戦線。その中で【レーヌミノル(牝、父ダイワメジャー)】、【ジューヌエコール(牝、父クロフネ)】以外は賞金900万円以下で、まさしく勝負駆けと言える一戦になります。各馬の状態などについては週中の紙面で触れているので、ここでは省略させていただきますが、どの馬も色気を持っての参戦であることは間違いなさそうです。

 そして、西の最終兵器となりそうなのが、高野厩舎の【ファンディーナ(牝、父ディープインパクト)】。持ったままで圧勝した新馬、好位から楽々と抜け出したつばき賞と圧巻の2連勝で一躍、注目を集める存在になりましたが、今週の坂路では50秒9という自己ベストをマークしました。「今週は速い馬場でしたからね。短期放牧を挟みましたが、体はできています。持っているモノは高いと思います。今回は中山への輸送もありますから、まずは無事に走ってくれること。それが一番大事ですね」と高野調教師。正式に桜花賞参戦を決めるのはレース後の状態次第となるでしょうが、西の新星となる可能性は十分に秘めているでしょう。まぁ、今さらワタクシが言うまでもないでしょうけど…。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。今日は変化球です。

中京5R・7プランスペスカ(平地実績では同厩で4Rに出るマジェスティハーツの方が上だが、森一Jによると、飛越はプランスの方がうまいかもとのこと。平地力の生きる中京で初戦から)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

阪神3R・11バックファイヤー(丹念に乗り込み、和田Jが「いい馬」と素質を高く評価。既走馬相手で妙味あり)

阪神7R・15テイケイラピッド(小回り1000メートルでは忙しい。叩き2走目で上積みも大きい)

中京10R・8レヴァンテライオン(ダート起用で距離短縮。一変ならここしかない!)

中京11R・3コウエイタケル(ずっと状態はいいが、力を出し切れない競馬が続く。好調の鞍上の手綱さばきにも期待)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)