馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表

全レース出馬表・データを提供中 新潟 小倉 札幌

早めの始動(栗東)

2017年4月1日14時26分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。土曜日の本日も梅田の会社からのパッチパチ。では、行ってみましょうか♪

 さて、本日は4月1日、エイプリルフールです。この日に限っては嘘をついてもいいよっていう風習みたいな感じですが、大きな迷惑となるような類いはいけません。ワタクシは学生時代、ある友人が嘘をついたことを忘れ、ネタばらしをしていなかったため、なけなしの金を集めて、東京まで無駄な日帰り旅行をするという苦い経験がありました。お互いにクスッと笑える程度にしておくことが賢明です。

 まぁ、そんなことはどうでもよくて、この4月1日は大事な境目です。今日と明日、つまり4月2日って、たった1日しか違わないのに、子供さんは学校での学年が違います。小学校の時はそれほど気にしてなかったんですが、大学の同級生に小、中、高校と同じ学年だった4月2日生まれと、一浪した4月1日生まれの友人がいたんです。ここで1日の重みに気づいたワケで、この二人に関しては生まれた時間も5、6時間ぐらいしか変わらない。なのに、1年ずれる形で義務教育を受けてきたんですよね。月変わりで区切るなら分かりますが、この「1日」っていうのが微妙でねぇ…。

 ちなみにワタクシは10月生まれ。時期的に学年の“平均点”ってことでいいんでしょうか。ということで、そろそろ本題へ。まずは3歳馬のお話を少々。中山、阪神で10Rに3歳オープンのレースが行われます。阪神10RのマーガレットSでは友道厩舎の【ラプソディーア(牝、父ディープブリランテ)】が登場します。前走は2着に敗れましたが、「レースとしては理想的。あれで負けたら仕方ない。勝っている距離でもあるので、あとは馬場だけですね」と友道調教師に悲観する表情はなし。勝って、NHKマイルCへ向かうんでしょうか。

 この東西10Rで熱いのが音無厩舎(何だか昨日と似ている構成ですが…)。中山には【サンライズノヴァ(牡、父ゴールドアリュール)】がスタンバイ。前走の若葉Sで芝に挑戦したんですが、早々とダートに戻してきました。「芝での瞬発力勝負になると厳しい。やはり、ダートの方がいい」と音無調教師。相変わらず、今週の調教では抜群の動きを見せていましたし、中1週を心配する必要はなさそうです。

 阪神では【ファンタジステラ(牡、父ダイワメジャー)】。この馬は1400メートルにしてからの内容が本当にいいんですよね。「前走は好位から抜け出す、いい内容の競馬をしてくれた。放牧先から、いい状態で戻ってきている」と音無調教師は手応えを感じている様子でしたよ。

 さて、今日は音無厩舎の2歳馬について、触れておきましょう。先週の更新分で少しだけ触れた【アンチェイン(牡、父ディープインパクト、母サムワントゥラブ)】から。全兄にインウィスパーズがいまして、近いうちに近隣の吉沢ステーブルWESTに入ってくるそうです。「順調にきている。上よりはいい馬なので、気難しい面が出ないようにしていければ」と音無調教師は説明します。

 この馬と同じく金子真人HDオーナーで【シエラネバダ(牡、父ディープインパクト、母ミスパスカリ)】がいます。こちらはマウントロブソンやポポカテペトルの全弟となり、近親にクロフネなどがいます。こちらも近いうちに近隣牧場に入れて、5月あたりの入厩を目指しています。「いいですね。クラシックに乗せたいと思っています」とトレーナーの期待は非常に高いです。

 続いては厩舎ゆかりの血統、【スターリーステージ(牝、父ディープインパクト、母スターアイル)】ですね。こちらは昨年の最優秀短距離馬で、今年初めに電撃引退したミッキーアイルの全妹です。この馬、牝馬なんですが、ミッキーアイルにそっくりなんだそうです。「お母さんよりディープの方がよく出ている感じ。うちの牝馬の中ではトップクラスでしょう」と期待値は非常に高そうですね。こちらは9月あたりの入厩を予定しているとのことでした。

 最後は旬な馬ということで、【ドバイマジェスティの15(牡、父ディープインパクト)】をご紹介。こちらは毎日杯を勝ったアルアインの全弟で、16年のセレクト1歳セールで2億2000万円の高値がつきました。馬主はダノックス。「いい馬になってきたな、という感じ。ゆっくりとやっていくつもりなので、(入厩は)10月ぐらいになりそう」とのことでしたが、ワタクシが好きは春先の成長が望めそうな感触でしたよ。ていうか、今日書いた馬、すべてディープになってしまったな。

 ということで、ネット限定「厳選馬」から。

中山3R・12レッドアーサー(初戦の勝ち馬は、個人的にかなり能力を感じている馬。前走は道中が少しチグハグだった。スムーズなら力を発揮)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

阪神7R・2ラルク(昨年末のレースぶりから力のいる馬場はこなせそう。単騎で行ければしぶとく、ここは同型も不在)

阪神12R・1ナンヨーカノン(芝スタートの方が行き脚はいい。ここは差内枠。ある程度の位置から脚を使えるはず)

中山12R・6ヨウライフク(久々に同型の少ないメンバー構成。押し切る力は十分にある)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)