絶好調の厩舎から(美浦)

2017年4月26日17時1分  スポーツ報知 Link
  • 報知のPOG本を紹介してくれる絶好調の国枝調教師

 ご無沙汰しております。牧野です。今週は美浦へやってきました。POG本も何とか発売にこぎ着けたのでブログの方もこまめにパッチパチしたいと思っております。

 とりあえず、弊社で初めてPOG本を発売したということで、いま関東でノリに乗っている国枝調教師に宣伝用の写メをお願いしたところ、「これで儲けようっていうのか? どうせイン〇キなことばっかり書いてるんだろ~」といつものようにディスってくるではありませんか。そんな妄言に構っていられない。とりあえず、「とにかく本を持って! 笑顔で! ハイ、チーズ!」とワタクシの合図で写メに映って頂きました。ありがとう、ございました(笑)。その国枝師は先々週の中山で4勝を挙げたかと思えば、先週の東京でも3勝をマーク。いつのまにか全国リーディング3位に浮上しているではありませんか。しかも、その7勝はいずれも国枝師が福島&新潟出張中の不在時。ピンクカメオでNHKマイルを勝った時も新潟出張でしたし、なぜか国枝厩舎はボス不在の競馬場で勝ちまくるんです。調教師元気で留守がいい、とでも言うんでしょうか。それはともかく、ツイてる人に乗ろうということで、国枝師に我々のPOG本の広告塔になって頂きました!

 さて、この流れから本日は国枝厩舎編ということで。まずはPOG本の締め切りに間に合わなかった【ダイワメモリー(牝、父ノヴェリスト、母ダイワスカーレット)】が入ることになりました。国枝調教師によれば、「うちに入る予定だけど、まだまだ入厩は先。現時点で具体的なスケジュールは決まっていない。俺自身もまだ馬を見てないしね(笑)。それにしてもカタログ映えする、すごい商品だよな。もちろん血統的に期待している」と上機嫌でした。

 以下はPOG本と被っている部分も多いと思いますが、まずはディープインパクト産駒から紹介しましょう。青葉賞2着で日本ダービー(7着)に駒を進めたタンタアレグリア(父ゼンノロブロイ)を半兄に持つ【タンタフエルサ(牡、父ディープインパクト、母タンタスエルテ)】に注目しています。「ディープらしい馬で、(3月時点で)450から460キロくらいかな。姉のパララサルーもいい馬だったけど、こっちはよりフレームがしっかりしている。距離は長めの方かもしれないが、兄(タンタアレグリア)よりも性格は真面目」とかなり感触は良さそう。ディープインパクトの牝馬では【ノチェブランカ(牝、父ディープインパクト、母ナイトマジック)】の評判が良さそうです。全姉アルミレーナはデビュー2戦目で勝利を挙げたが、祖母に独オークス、バーデン大賞の勝ち馬ナイトマジックがいる母系は優秀。「姉よりひとまわり大きい。いい感じで調教を進めている。けっこう上のクラスまで行けそうな感じがする。早い時期から使うことになりそう」と早期の始動を示唆しておりました。【サトノディード(牡、父ディープインパクト、母ゴジップガール)】は全兄ジェネラルゴジップが芝の中距離で活躍中。「ディープ産駒の割りには立派な体をしている。馬っぷりはいい。500キロを超えるぐらいかな。秋口のデビューになると思うが、いいところまで行けるかも」と期待は大きい。【ククルカン(牡、父ディープインパクト、母クイーンカアフマヌ)】は4勝を挙げたカナロアの全弟で、馬主が金子真人ホールディングス。「新潟で使えそう。全体的にまとまっているし、いいところがありそう」と感触は上々でした。ダノンオブザイヤーの全弟にあたる【レディジョアンの15(牡、父ディープインパクト、母レディジョアン)】については、「いい体つきの馬だし、秋ぐらいにはデビューできそう」とまずまずの評価。【チェリーコレクトの15(牝、父ディープインパクト、母チェリーコレクト)】はイタリアオークスを制した母の初子で、15年のセレクトセールで落札額7600万円。「ディープらしい牝馬で420キロ。軽い馬だけど、欲を言えばもう少し体が欲しい。夏ぐらいにはデビューできそう」と感触は良さそう。【ロールモデル(牝、父ディープインパクト、母インランジェリー)】は米GI勝ちの母を持つ良血だが、「女馬にしては立派。軽さがもう少し欲しいので時間をかけた方がいいかも」と成長待ちの構えだ。

 ほかの産駒では【コズミックフォース(牡、父キングカメハメハ、母ミクロコスモス)】がダートで勝ち上がったアンティノウス(父クロフネ)の半弟。「軽さがあるので芝でも行けそう。気のいいタイプだけど、慌てて使うこともないかな」とじっくり調整していく感じでした。新種牡馬ロードカナロア産駒の【アーモンドアイ(牡、父ロードカナロア、母フサイチパンドラ)】も感触のいい1頭で、母はエリザベス女王杯を制したフサイチパンドラ。。「バランスがいい馬。スピードがあるし、距離もマイルから長い距離をこなせそう。そろそろ当たりが出そうかな」と手応えはありそう。【キングスヴァリュー(牡、父キングカメハメハ、母アートプリンセス)】は14年全日本2歳優駿で2着のタップザット(父タピット)の半弟。「芝もダートも走れそうな雰囲気。体は大きめで、秋ぐらいにはデビューできそう」と見ている。ホープフルSを勝ったシャイニングレイの半妹にあたる【サンライズシェル(牝、父キンシャサノキセキ、母シェルズレイ)】に関しては「スピードタイプでデビューは早そう。やる気満々の馬。お尻がムッチリしている」と感触がいい。【ロジスカーレット(牡、父ダイワメジャー、母メジロジェニファー)】は中距離で3勝を挙げた母の初子。「メジャーにしては軽さがある馬。動きは柔らかいし、芝向きだと思う」と感触は良さそう。【エルディアマンテ(牝、父キングカメハメハ、母ディアデラノビア)】は重賞3勝を挙げたディアデラマドレの全妹。「この血統はみんな走っている。パワータイプでしっかりした馬」と好印象の様子。【オーバーハング(牡、父キングカメハメハ、母ペディクラリス)】はダートで活躍するバンズーム(父シンボリクリスエス)の半弟。「500キロぐらいある大柄な馬。芝でもダートも行けそうだけど、やっぱりダートかな」とのこと。新種牡馬エイシンフラッシュ産駒の【スルージエアーの15(牡、父エイシンフラッシュ、母スルージエアー)】は「いい格好の馬。順調だし、夏に入れて秋口に使えるかな」と考えている。函館2歳S覇者ステラリード(父スペシャルウィーク)の半妹【シーザライト(牝、父ルーラーシップ、母ウェルシュステラ)】については、「500キロぐらいある馬。夏からデビューできそう」と早めの始動を示唆。【へヴンリークルーズの15(牡、父キングカメハメハ、母へヴンリークルーズ)】は「コンパクトな体でスピードもありそう。早めに使えるかも」とのこと。砂でデビューから2連勝を飾ったヴェルデホの半弟にあたる【ピラータ(牡、父クロフネ、母ディナシー)】は15年セレクトセールの当歳で1億円の値がついた。「全体的に成長が遅い。少し時間をかけた方がいいかもしれない」と成長待ちの様子でした。

 本日はここまでです。では、また。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)