馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表

有力馬が続々と(美浦)

2017年5月3日18時45分  スポーツ報知 Link
  • 好評発売中の馬トクPOG

 こんにちは。牧野です。今週は美浦へ。ゴールデンウィークもPCに向かって、パッチパチしております。

 我々記者にとってのGWはいつもと何ら変わらない。週中はトレセンへ足を運んで、週末は競馬場へ。まさしくGo Work でしょうか。GWもどっぷり仕事じゃ、ストレスをためる記者が出てくるのも致し方ないでしょうか。我々が美浦Tで泊まる寮の食堂では今週も酩酊する記者で溢れておりました。

 後輩記者を酔わせて楽しんでいるのはイケメンのM田記者。焼酎をビールで割るのはマシで、そこへワインも注入してしまう。酔っ払うと学生ノリになってしまうのか。調子に乗ってそれを何度か飲み干したのは若手のK記者でして。食堂の椅子に腰掛けたまま朝を迎えてしまうほど泥酔しまったとか。M田記者のオリジナルドリンクを口にしたT島記者も手がつけられない酔っ払いに変身してしまう。寝ているワタクシの部屋を激しくノックしに来たかと思えば、「(最寄りの)稲敷署です~。不審者が出たんで……。逮捕します~」と明らかに呂律の回らない口調で警察官を演じている。不審者は間違いなくノックしている方ですが(笑)。騒々しいのは年配の方にもいる。ジャイアンツで8時半の男と呼ばれた投手がいましたが、重鎮のM記者は9時半の男。この時間帯を過ぎた頃から奇行が始まるんです。寮内の廊下を浮遊しながら、「バカヤローッ。うるせんだっつーの。クソヤローッ」とわめき散らす。8時半の男はピシャッと締めくくりましたが、9時半の男はいつもノックアウトされているようです…。

 さて、本日のPOG情報は入厩している馬を中心に取り上げましょう。まずは始動が早そうな堀厩舎から。4月5日から入っている【サトノオンリーワン(牡、父ディープインパクト、母クリームオンリー)】はソールインパクトの全弟で、21日にゲート試験突破しております。「ゲート試験に合格したあとはこちら(在厩)で調整しています。調教は順調にこなしています。走りがいいですね」と森助手。アパパネの2番子にあたる【ジナンボー(牡、父ディープインパクト、アパパネ)】も4月28日にゲート試験をクリア。「入厩当初はちゃかちゃかしていましたが、だいぶそういう面がマシになってきました。このままで順調に行きたいですね」とのこと。4月28日から入厩したばかりの【ルーカス(牡、父スクリーンヒーロー、母メジロフランシス)】はモーリスの全弟で注目を集めることは間違いなし。馬体重は485キロ。「顔立ちがモーリスに似ている。背中がいいですね。気性はカリカリするところがあって、そのあたりも上(モーリス)に似ている。もってるモノはいいので楽しみです」と感触は良さそう。同じ日に入厩した【レピアーウィット(牡、父へニーヒューズ、母ランニングボブキャッツ)】はアジアエクスプレスの全弟。「体は526キロ。首から下がすごく筋肉質。走りを見てもパワフルな感じです」。【サトノソルタス(牡、父ディープインパクト、母アイランドファッション)】も28日から美浦入りした素質馬で馬体重は476キロ。「ディープ産駒ですけど、ちゃかちゃかする感じはない。すごく落ち着いている」と印象はいいようです。いずれもまだデビューは決まっていないそうですが、今後の取材で分かり次第でブログでアップしたいと思います。

 そして、藤沢和厩舎勢も先月末から続々と美浦入りしています。4月28日から入ったサトノクラウンの近親にあたる【ファストアプローチ(牡、父Dawn Approach、母ジョリージョコンド)】は6月3日の東京・芝1400Mを考えているそうです。鞍上は戸崎Jを予定。「この牝系は欲しくて探していた1頭。素晴らしい馬だよ」と藤沢和師は楽しみにしているようです。4月27日に入厩した【スターダムフロント(牡、父War Front、母Don’t Trick Her)】の方は、6月18日の函館・芝1200Mへ。藤沢和師によれば、「いまのところ鞍上は武豊君を予定している。(吉田)照哉社長がお気に入りの馬。いい馬だね」と感触は良さそう。【マリームーン(牝、父カジノドライヴ、母クラウンアスリート)】は、6月11日の東京・芝1600M(牝馬限定)を予定。4月22日から入っている【レッドガーランド(牡、父ディープインパクト、母フェアリーバラード)】に関しては、「まだこれからやってみて」とスケジュールに関しては未定のようでした。

 ほかでは、ビッシュの半妹にあたる【チェルヴァ(牝、父キングカメハメハ、母バランセラ)】が27日にゲート試験をクリアして、順調に調教メニューを消化。鹿戸調教師によると、「今日も15ー15ぐらいのところをやったけど、いいものをもっている。馬体重は450ぐらいかな」とのこと。一度は放牧に出すそうです。オーナーからは函館デビューのリクエストがあるそうですが、馬の状態を見ながら考えるそうです。同じ日にゲート試験を合格した【ベストヴォヤージュ(牝、父クロフネ、母シーズンズベスト)】もまだ先は決まっていない感じです。新種牡馬の【モンツァ(牡、父ロードカナロア、母スピードリッパー)】は今週にも入る予定。「今週、入ってくるスピードリッパー(の子)はいいんじゃないか。かなりいいものを持っていそうだし、楽しみだよ」と鹿戸師の感触はかなり良さそうだったので、今後の動向をしっかりチェックしておきます。

 本日はここまでです。明日も更新したいと思っていますが、なるべく頑張ります。では、また。

 POGブログ随一のアクセス数を叩き出す「現場発!POGブログ」のスポーツ報知が、待望のPOG本を出版。POGブログでおなじみの牧野博光記者、ヤマタケ(山本武志)記者も登場する報知グラフ2017年5月号「馬トクPOG」(A4判292ページ、税込み定価1500円)=通称・緑本=は4月26日、全国の書店、ネット書店で発売されます。全国のターフィーショップでも発売を予定しています。新緑の季節にグリーンの表紙がまぶしい「馬トクPOG」をぜひお求めください。ご購入はhttp://shop.hochi.co.jp/shopdetail/000000000470/

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)