馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 新潟

そろそろ2歳も生情報(栗東)

2017年5月4日19時5分  スポーツ報知 Link
  • 好評発売中の馬トクPOG

 こんにちは、山本です。今日も栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、今日は学生時代の頃のお話。ワタクシ、家の大分で仲のよかった友達たちは福岡や東京の大学に通うことが多く、関西に進学したって、ほんの数人程度。ということで、馴染みのない関西地方に友人たちが遊びに来ることが結構、あったのです。特に小学生時代からの友人だったHクンは2、3回ほど来ているんですけど、彼と遊んだことはよ~く覚えている。

 1回目は96年のアトランタ五輪の時だったんですが、関西まで遊びに来た彼と「青春18きっぷ」で、いわゆる在来線を乗り継いで福岡まで帰ろうと企画していたのであります。しかし、その前夜に我々は徹夜してしまう。なぜかというと、サッカーの日本代表がブラジル代表に勝ってしまう「マイアミの奇跡」に二人して、熱狂していたのです。そりゃ、眠れるワケありません。で、広島県あたりの在来線の車内で落ちてしまい、寝過した末、福岡に着いたのは夜中だったはず。疲れ果てながらも、福岡の夜を楽しんだような気がする…。

 その翌年も彼はやってきたのです。大阪ドームでプロレスの大きな大会がありまして、結構、無理やり誘われたんです。それが97年の5月3日、当時は20歳のゴールデンウィーク真っ只中でした。ところが実際に行ってみると、初めてドームのリングサイドで見た試合に、メチャクチャ盛り上がったんです。あれから20年。今や記者席という場所から、間近で色々なスポーツの試合を見せてもらえるなんて、当時は考えてもなかったなぁ。もちろん、仕事ですが…。

 昨日、5月3日に当時のことを思い出しつつ、いまだに連絡が続いている彼のことも思い出しつつ、この30年来の友人が、意外にワタクシをこの世界へ誘うルーツになったのかなと思ったりしたのです。ということで、そろそろ本題へ。

 栗東では相変わらず2歳馬の緑ゼッケンが増えております。今日はゲート試験で池添学厩舎の【ヤマカツケンザン(牡、父クロフネ、母ヤマカツオーキッド)】と【マッスルマサムネ(牡、父ヘニーヒューズ、母プントバンコ)】が合格していました。ヤマカツケンザンは先週の天皇賞で大逃げを打ち、場内をわかせたヤマカツライデンの弟になります。

 あと、橋田厩舎では【イベリア(牡、父ディープインパクト、母アドマイヤアモーレ)】と【スズカテイオー(牡、父ディープインパクト、母スプリングサンダー)】が合格しました。スズカは叔父にスズカマンボ、半兄に明後日のプリンシパルSに出走するスズカメジャーを持つ良血馬になりますね。ただ、現状の感触ではイベリアの方がよさそう。

 「スズカはまだ緩さが目立ちますね。イベリアはいいですよ。ディープの子供っぽい柔らかさもありますし、跳びは大きい。中距離あたりが合いそうです」と竹之下助手。2頭とも、この後に在厩か放牧かは、まだ未定のようです。また、そのイベリアと従兄弟の関係になる【スズカベルモット(牝、父スズカマンボ、母スズカベラミー)】も順調に調整中。「現在で400キロ台ぐらいで小柄な馬ですが、思ったより動けています」とのことで、早期デビューを目指していくようです。この馬、サンデーサイレンスの2×3のクロスを持つんですよね。いよいよ、これほど濃いクロスの馬が出てくるんですね。

 今日の最後となる2歳馬情報は音無厩舎から。と、その前に青葉賞を快勝した【アドミラブル(牡、父ディープインパクト)】の話題から。今週は多くの方から「強かったですね」と声をかけられれていた音無調教師。一瞬は笑顔を浮かべますが、注目の多さも当然、感じているわけで、すぐに気を引き締めるといった感じでしょうか。「レース後も変わりはないよ。未勝利からアザレア賞、青葉賞とすべて中3週できて、今回はダービーまで中3週。今までと同じ調教パターンで仕上げていく」と思い描いていました。よくよく考えると、橋口、友道、矢作、角居と同じ坂路小屋から次々とダービートレーナーが出ているわけで、そろそろ音無センセイが…、という期待値が我々の中に自然と大きくなっているのであります。

 さて、その音無厩舎に早ければ今週末にも2歳馬が入ってきます。第1陣となるのが【シエラネバダ(牡、父ディープインパクト、母ミスパスカリ)】と【コンキスタドール(牡、父ステイゴールド、母レーゲンボーゲン)】。前者はマウントロブソン、ポポカテペトルの全弟となり、後者はアニメイトバイオやレインボーラインの半弟になる血統馬です。2頭とも馬体重は現時点で478キロとのこと。「2歳は入ってみんと分からん」と話していましたが、真っ先に入ってこれるということは、それだけで順調ということの何よりの証しではないでしょうか。また、入ったら、お伝えします。

 ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

 POGブログ随一のアクセス数を叩き出す「現場発!POGブログ」のスポーツ報知が、待望のPOG本を出版。POGブログでおなじみの牧野博光記者、ヤマタケ(山本武志)記者も登場する報知グラフ2017年5月号「馬トクPOG」(A4判292ページ、税込み定価1500円)=通称・緑本=は4月26日、全国の書店、ネット書店で発売されます。全国のターフィーショップでも発売を予定しています。新緑の季節にグリーンの表紙がまぶしい「馬トクPOG」をぜひお求めください。ご購入はhttp://shop.hochi.co.jp/shopdetail/000000000470/

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)