馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 新潟

ほんとに駆け足(栗東)

2017年5月18日19時1分  スポーツ報知 Link
  • 報知グラフ2017年5月号「馬トクPOG」(A4版292ページ、税込み定価1500円)発売中

 こんにちは、山本です。今週も昨日、水曜日に更新できずに申し訳ありません。実は今、本当に忙しいのです。しかも、相変わらずパソコンの代替機でのパッチパチで全くペースが上がらん…。ただ、2歳馬情報は取材しておりますので、今日は前振りゾーン省略で、2歳馬の情報を手短にお伝えしたいと思います。

 さて、話は月曜日にさかのぼります。久々に鳥取県の大山ヒルズへ取材に行きました。恐らく、ダービーを勝った直後のワンアンドオンリーを見るため、橋口元調教師に連れて行ってもらって以来ですから、約3年ぶりとなるでしょうか。現地では矢作調教師と合流したんですよね。で、施設の見学をご一緒させてもらっていると、「明後日、うちの第1号が入るぞ。今年はここの馬だ」とぽつり。その言葉だけで、POG=2歳馬絡みだとピンときます。で、目の前に現れたのが【エントシャイデン(牡、父ディープインパクト、母ルシュクル)】でした。

 全姉は函館2歳Sを制したブランボヌールです。馬体をしっかりとチェックした後、「この馬は1200メートルの馬にしたくないんだよな」と口にしていました。どうやら、北海道に移動することなく、本州デビューとなりそうです。ちなみに、この馬を、同じ日に大山ヒルズを訪れていた武豊Jが見に来ていたとのこと。もしかすると、デビュー戦の鞍上に…、なんてことになるかもしれませんよ。また、半姉に今年のケンタッキーオークス最有力馬だったユニークベラを持つ【レリカリオ(牝、父Maribu Moon、母Unrivaled Bella)】は秋以降のデビューとなりそう。ただ、矢作調教師は馬体を見ながら、「前より良くなっている」と口にしていましたし、順調に成長しているようです。

 続いては池江厩舎から。先週のゲート試験に合格したトゥザワールド、トゥザグローリーの弟になる【トゥザフロンティア(牡、父ロードカナロア、母トゥザヴィクトリー)】は一度、放牧で成長を促すようです。あと、今日の栗東にセレクト当歳セールで1億8000万円の値段がついた【ダノンチェリー(牝、父ディープインパクト、母ウィーミスフランキー)】が入ってきたようです。

 そうそう、あとは音無厩舎にも【ミッキーマインド(牡、父ディープインパクト、母マイグッドネス)】が入ってきました。こちらは交流重賞の猛者だったダノンレジェンドの弟にあたります。さらに、安田厩舎にも【トロワゼトワル(牝、父ロードカナロア、母セコンドピアット)】が入ってきました。まだ、少し弱い面があるようで、「今回はゲートだけになるかもしれません」と話していました。

 ということで、今日は短めながらここまで。明日は阪神デビュー予定の馬などについて触れたいと思います。では

 参加無料! スポーツ報知主催「馬トクPOGグランプリ」参加者募集中!賞品総額330万円を目指してエントリーしよう!登録はコチラから

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)