馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表

マイルPART1(栗東)

2017年6月30日16時20分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。今日は金曜恒例、梅田の会社からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、昨日から卓球の福原愛選手のおめでたが報道されております。現在28歳ですが、何せテレビ番組などで子供の頃から知っている選手。いつまで経っても「愛ちゃん」です。特に、この方は子供の頃からそのままのイメージで大人になった印象でして、正直、昨年の結婚報道なんかも「へぇ~、国際結婚なんや」と思った程度で、普通に見ていたんですが、今回のおめでた報道には、妙に時の流れを感じましてですね。あの愛ちゃんがママなのか、みたいな…。ちなみに愛ちゃんは1988年生まれ。ちょうど干支で一回りの12歳差なんです。

 それにしても、最近のスポーツ選手には「〇〇ちゃん」が増えました。パッと思いつくのが柔道の「ヤワラちゃん」、「愛ちゃん」、そして漢字が違うゴルフの「藍ちゃん」、さらにはフィギュアスケートの「真央ちゃん」などなど…。皆さん、非常に優秀な成績を出したからこそ、こういう愛称で呼ばれるんでしょうが、この印象が強すぎて、なかなか名字で〇〇選手って呼んだことがない。ヤワラちゃんこと田村亮子さんなんて、今や国会議員だというのに、ヤワラちゃんと呼びそうになってしまう。こういう愛称って、どこかで変わるんでしょうかね。ワタクシも色々なニックネームで呼ばれますが、中には還暦近くになった時、こんな呼ばれ方するのってなモノも…。まぁ、いずれにせよ、先ほど挙げた「〇〇ちゃん」な方々は大きくイメージが変わってないので、現時点でそんなことを考える必要もないでしょうけどね。

 ということで、そろそろ本題へ。明日の競馬を見ていきましょうか。

 明日の中京5Rは芝マイルの新馬。今週は翌日にも牝馬限定の芝マイルのレースがあるんですけど、正直、調教時計や血統的な注目度などを考えると、明日の牝馬限定の方がメンバーが集まっているように見えて仕方ない。これ、以前から何度も書いてますが、新馬だけではなく、未勝利でも、牝馬限定の方が「メンバーそろっているよな」というレースがホントに増えたんです。何でかな?

 それはさて置き、明日の中京マイルには中内田厩舎から【フロンティア(牡、父ダイワメジャー、母グレースランド)】が出走します。少し懐かしい存在になってきた、ドリームパスポートの半弟になりますね。「先週の調教は遅れましたが、ダノンプレミアム相手でしたし、相手が悪かったんでしょう。馬は悪くないですし、新馬から楽しみです」と福永助手。少し気のいいタイプらしくで、短距離でよさが出そうとのことですが、この条件でまずはどんな走りをするかでしょうね。

 あとは、松永幹厩舎の【ヌーベルフォルス(牡、父ノヴェリスト、母ピサノレインボー)】かな。最初は体がコロンとしていたようなんですが、「追い切るごとに時計を詰めて、動けるようになってきた。どこまでやれるかだね」と松永幹調教師の感触は悪くありません。

 松永幹厩舎では良血馬の【イグレット(牝、父Distorted Humor、母Heavenle Romance)】がゲート合格後、放牧に出されました。「もっと成長を促したい。秋になると思う」とのことでした。あと、先週のゲート試験で合格した【ウォルビスベイ(牡、父ディープインパクト、母オヴァンボクイーン)】と【ナンヨーブルジョン(牡、父ヴィクトワールピサ、母ミリアム)】はデビューへ向け、調整を進めていくようです。あと、POG的に注目の大きい【プリュス(牝、父ヴィクトワールピサ、母サラフィナ)】はデビュー戦の時期を決めずに、現在も調整中。「これだけの血統馬。もう少し動きの良化を待ちたいですね。動きを見ながら、夏場を考えています」とのことでした。

 さて、庄野厩舎の情報を少々。中京では3頭の新馬がデビューを予定していまして、15日の芝マイルがMデムーロJで【スワーヴポルトス(牡、父クロフネ、母ビジャリカ)】。昨年のスワーヴリチャードに続く活躍を期待してしまいますが、「動きはいいよ」と庄野調教師はまずまずの感触。少しダート向きかもしれませんが、母の父はディープインパクトだけに、まずは芝マイルで適性を見たいところです。他は22日の芝1400メートルに【トゥンバドーラ(牝、父スズカマンボ、母オーベルゲイド)】が、23日の芝1400メートルに【タガノイチベエ(牡、父キングズベスト、母ダンスティルドーン)】がいずれも加藤Jでスタンバイしています。特にトゥンバドーラは半兄のグッドネイバーを持っていたんだよな、懐かしい。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

函館1R・4カシアス(開幕週で大外枠ながら、果敢にハナを奪っての2着。上積み見込め、強敵不在のここは絶好機)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

中京7R・4ジュンハーツ(「除外の影響はない。状態はいいよ」と友道調教師。仕切り直しの一戦を狙う)

福島11R・3マルヨバクシン(前走はスムーズさを欠いた。仕上がり良好。平坦の方が持ち味生きる)

函館9R・13キングラディウス(前回は外枠から外を回り、1角で接触。位置取りを下げた。降級2戦目、スムーズなら)

函館10R・8サトノオニキス(これも前走は外を回らされたことが響いたクチ。スムーズな立ち回りなら踏ん張れる)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

 参加無料! スポーツ報知主催「馬トクPOGグランプリ」参加者募集中!指名はデビュー前日の23時59分まで可能です。賞品総額330万円を目指してエントリーしよう!登録はコチラから

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)