馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表

全レース出馬表・データを提供中 新潟 小倉 札幌

夏から動く(栗東)

2017年7月28日16時11分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。昨日も書いたように、本日から小倉競馬場へ来ております。では、パッチパチといきましょうか。

 さて、昨日はイベントが終わった後、競馬取材でほとんど行くことのない博多でお食事。現在は函館でのヤンチャな行動で、牧野先輩の前振りに貢献しているS社のHクンが昨年、紹介してくれた絶品のもつ鍋屋に記者仲間たちと繰り出したのです。昨年は4人だけだというのに、欲張りにも味噌としょう油の2種類を堪能したんですよね。

 で、今年は5人。実は鍋が1種類増えていまして、それがしゃぶしゃぶ風というもの。もつ鍋のしゃぶしゃぶ風ってどんなんやねん、とすごく魅力的に感じまして、その結果、3種類を堪能することに。しかも、味噌に至ってはもつをおかわりしたし、よくよく考えれば鍋の前につまみも頼んでいるし、最後はもちろん麺で締めるし、まぁよくも食べたこと。ちなみに、しゃぶしゃぶ風とはポン酢で頂くんですけど、これまた美味しい。今度はプライベートでも、と密かに思っております。

 ということで、今宵も飲み会が控えているので、そろそろ本題へ。まずは、札幌の話題です。5Rの新馬に藤原英厩舎ゆかりの血統馬、【メジェールスー(牝、父ロードカナロア、母エイジアンウインズ)】が登場します。栗東の藤原英調教師は「初戦からというより、使ってから上にグッといってほしい」と先を見据えているようですが、VTRで調教の動きを見た限り、いい走りに見えましたけどね。このお母さんの子供、そろそろ走ってほしいところです。

 そうそう、藤原英調教師に良血馬たちの動向を聞いていた時、「この馬は2歳戦向き」と切り出されたのが来週の新潟芝マイル、戸崎Jで出走を予定している【エイカイマドンナ(牝、父ハーツクライ、母マチカネハヤテ)】でした。「スピードがあるし、乗りやすい。新馬狙いというか、いい勝負ができると思う」と力強い言葉が聞かれました。しかし、藤原英厩舎の2歳勢、特に良血馬はゆったり始動のイメージがあったけど、今年は夏始動と聞いて、そうなんだと思うことが多いんですよね。ちなみに、来週の新潟芝マイルといえば、友道厩舎の【ノーブルカリナン(牝、父ディープインパクト、母ノーブルジュエリー)】と同じレースを走ることになるのか。

 小倉では新馬が1鞍。5Rの芝1200メートルで注目といえば、野中厩舎の【エイシンテースティ(牝、父ダイワメジャー、母エーシンリターンズ)】でしょうかね。母はエルフィンS勝ち、祖母のエイシンサンサンは小倉3歳S(当時)を勝っています。「この時期の牝馬にしては、調教をやってもへこたれない。2歳牝馬にしては、すべてがしっかりしている。現状ではスピードを生かす競馬がいいかな」と野中調教師。開幕週の大外と厳しい枠順に入りましたが、スピードで圧倒の場面を期待です。

 野中厩舎では2歳王者、ゴスホークケンの半妹になる【ニコール(牝、父キングカメハメハ、母オールザウェイベイビー)】が在厩しています。ただ、ゲート試験に合格したので、一度放牧へ出されるとのこと。「雄大な馬体をしているし、いいモノを持っていると思うけど、もう少し成長を促したい。秋になるかな」とトレーナーは話していました。

 続いては中内田厩舎から。ホエールキャプチャの全弟になる【パクスアメリカーナ(牡、父クロフネ、母グローバルピース)】は8月13日の新潟芝マイルを目標に調整を進めていくようです。これから徐々にピッチを上げていくようですが、「重苦しさなどは、あまりありませんね。まだ幼い感じは残っているけど、スピードもそこそこありそうです」と福永助手。この血統、最近は大物が出ていないし、始動も遅めだったんですが、その流れを断ち切るというか、久々に一線級での活躍馬を見たいですよね。

 あとは週中に少しだけ触れた松永幹厩舎から。明日、久々の実戦を迎えるティルナノーグの全妹、【ラペールノアール(牝、父ディープインパクト、母バイコースタル)】はゲート試験に合格。そのまま在厩して、調整を進めていきます。「馬体が380キロぐらいしかないんですよ。全体的に小さいという感じ。放牧に出しても増えるという感じでもないので、まずは小倉あたりを目標に調整しようということになりました」と説明します。これだけ小柄ですので、デビュー戦の予定などは調教を進めながらになりそうです。あと、ラルクの下になる【ラッキーライラック(牝、父オルフェーヴル、母ライラックスアンドレース)】は乗り味などの評価は高かったのですが、「しっかりしている馬なんだけど、少し怖がり。ラルクもそうだったんだよね」とのことで、気性面の成長がカギを握ることになりそうです。こちらも夏デビューを視野に入れています。

 では、ネット限定「厳選馬」。今日はかなり冒険的な狙いですが…。

札幌10R・1ドゥーカ(上のクラスでも本命を打ち続け、狙っていた馬。滞在競馬が合いそうなイメージで、何より札幌芝1500メートルで内枠をゲットできたのは大きなプラス。連の軸で狙いたい)

続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

小倉2R・14モズフレミントン(外へもたれながら、差を詰めた初戦から能力は感じている。叩き2戦目で前進必至だ)

小倉4R・4エイシンクウカイ(前走でも期待したが、行きたがっての先行策。距離短縮、コース替わりで再び狙う)

札幌7R・1バプティシア(この馬、しつこく狙っているので、多くは語りません。最内枠、くみしやすい相手になったことでもう一度だけ)

札幌11R・5メイクアップ(前走は仕上がり途上。実績ある舞台、斤量3キロ減で一変狙う)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

 参加無料! スポーツ報知主催「馬トクPOGグランプリ」参加者募集中!指名はデビュー前日の23時59分まで可能です。賞品総額330万円を目指してエントリーしよう!登録はコチラから

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)