馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表

全レース出馬表・データを提供中 新潟 小倉 札幌

恒例の…(栗東)

2017年8月5日14時39分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。今日は夏場恒例、土曜も梅田の会社からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、もう3年前になるのかな。当ブログでも書きましたが、この時期に青森県へ行っておりました。この時期なら、目的は当然、ねぶた祭りです。あれから月日は流れ、当時は現地で接待してくれた先輩も関西へ戻ってきて、一緒に行った後輩カップルは今春、めでたく結婚しました。その現地にいた先輩は現在、関西へ戻ってきておりまして、4月あたりだったか、「今年、行こうかと思ってるんやけどどう?」とねぶたの誘い。最初は二つ返事でOKしたんです。

 ところが、です。後々になって聞くと、現地へ向かうというのが金曜日で、日曜日に帰ってくるという。ねぶたは行われる日にち自体が決まっていて、曜日は関係ないんですよね。そして、金曜と土曜と言えば、よほどのことがない限り、ワタクシたち競馬記者は予想日、いわゆる競馬開催の日の紙面、結構なページ数を作るために休めない日なんですよ。

 競馬記者になって十数年。友人たちには口を何度も何度も、結婚式をするなら日曜日にとお願いしているんですが、この酒乱を呼びたくないのか、土曜日っていうのが多い。まぁ、ワタクシが普通の仕事をしているなら、翌日が休日の土曜日の方が招待されたいですが…。ということで、今も青森で先輩をはじめ、皆さん盛り上がっているんだろうなと思いを馳せつつ、こちらは寂しく、そろそろ本題へ。明日の競馬を中心に見ていきましょうか。明日の番組を見ると、3場すべてで1800メートルの日が行われる。そういえば、夏場の3場開催って、こういう日があるんですよね。以前に「1800な日」みたいなタイトルもつけたような気がいたします。

 そのうちの2場に管理馬を贈り出すのが池江厩舎です。まずは新潟の【シャルドネゴールド(牡、父ステイゴールド、母セルフプリザヴェーション)】ですね。「切れるというより、長くいい脚を使うタイプ。ステイ産駒にしては、気性もそれほど悪くない」と池江調教師。池江厩舎、今年は実質的なラストイヤーとなるステイ産駒が非常に多い。今日、このゾーンを書いているのは午前9時過ぎなんですが、小倉2Rのスヴァルナも圧倒的な人気になっていますね。

 小倉5Rでは【ロングランメーカー(牡、父エンパイアメーカー、母ミュージカルウェイ)】が初陣を迎えます。今までの動きに比べると、「今週はモサッとした感じだった」と池江調教師は少し納得いかない表情。とはいえ、2冠牝馬ミッキークイーンの半妹という血統が血統ですから、見る目も自然と厳しくなるんでしょう。この馬に関しては、体つきが非常にしっかりしているとのことで、父の血も加味して、「ダートは確実だと思う」と池江調教師。ただ、兼武助手は「普段は硬さを感じるけど、キャンターに行くと柔らかいんですよね」と乗り心地を口にします。この条件でどんな走りを見せるのか、早くレースを見てみたいところです。

 小倉5Rの話を続けましょう。血統からは注目を集めづらいかもしれませんが、動きという面でトレセン内での評判が非常に高かったのは本田厩舎の【シースプラッシュ(牡、父エイシンフラッシュ、母シーディザーブス)】でしょうか。「追い切りは水準以上の動き。追って味があるタイプですね。1800ぐらいが合っていると思います」と古川助手。調教に騎乗したMデムーロJも手応えを感じているようですよ。ロードカナロア1頭が脚光を浴びる新種牡馬戦戦で、ダービー馬の巻き返しがあるでしょうか。

 音無調教師が「宮本が『これは走る』と言っていたけど、そんなにいいのか?」と聞いてきたのが宮本厩舎の【タイセイビスタ(牡、父シンボリクリスエス、母マハービスタ)】。先週の1週前調教に騎乗した浜中Jによりますと、「馬っ気を出したり、まだ幼い面はありますよ。ただ、まじめに走れば、勝ってもおかしくないような力はありそうです」とのことでした。確かに調教の時計なんかは、結構出ているんですよね。

 で、音無調教師がその話をなぜ、妙に気にしているのか言うと、このレースに【アンチェイン(牡、父ディープインパクト、母サムワントゥラブ)】を送り出すから。自厩舎にいるインウィスパーズの全弟になります。「お兄ちゃんより色々な面で融通が利きそうです。ただ、まだトモ(後肢)が弱い面がある。小倉の平坦コースならこなせそうですが」と生野助手は口にします。騎乗する松若Jは「まだ緩いんです」と同じような言葉から切り出しながら、「それでも時計は出てますし、乗りやすい。操縦性がありますね」と素質は感じ取っている様子。ちなみに、攻め馬で地味だったインウィスパーズは昨年末の新馬で驚くほどの快勝劇を演じましたよね。

 その音無厩舎、【スターリーステージ(牝、父ディープインパクト、母スターアイル)】のことは明日の紙面で書いたので、そこで読んでいただくとして、中京で新馬を勝った【ミッキーマインド(牡、父ディープインパクト)】について少しだけ。秋の番組が発表された後、以前にも書いたようにききょうSか野路菊Sの二択で、まだ正式には決まってないんですが、「距離を詰めるのもなぁ」と音無調教師は現時点で野路菊Sの方に気持ちが傾いている感じ。マイルの前走で、折り合いに不安を見せなかったことも大きいと思います。まぁ、いずれにせよ、秋の阪神で使うことは間違いなさそうです。

 ということで、ここでお知らせです。来週の更新ですが、週中はお休みとさせていただきます。ただ、今週書き切れなかったネタ、さらに東京の石野記者が、紙面上では静香記者になるのかな、届けてくれた北海道の2歳情報があるので、月曜日あたりにイレギュラーで更新する予定でございます。では、ネット限定「厳選馬」なんですが、昨日は新馬を推奨しての3着。悔しいので再び新馬を。小倉5Rの2シースプラッシュとさせていただきます。血統馬に人気が集まれば、多少は配当妙味もあるかな、と。では、馬券王への道 延長戦をどうぞ。

小倉2R・2コンテンポラリー(松若Jが「この条件向きの馬」と好感触。調教でも好時計を連発)

小倉8R・9アスカノハヤテ(前回は休み明けで仕上がり途上。しかも、厳しい展開。見直す余地は十分)

小倉10R・6タガノアンピール(これは厚く買いたい(特に道悪なら)。2走前の勝ちっぷりは優秀だし、道中が流れた方がよさそう。このクラスでも十分に通用する)

新潟11R・1タガノグルナ(前走の時計が非常に優秀。先手を奪いやすい最内枠で、展開利も大きいはず)

 今日はここまで、また明後日あたりに。ではでは

 参加無料! スポーツ報知主催「馬トクPOGグランプリ」参加者募集中!指名はデビュー前日の23時59分まで可能です。賞品総額330万円を目指してエントリーしよう!登録はコチラから

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)