馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 中京

アツいです(美浦)

2017年8月10日18時11分  スポーツ報知 Link

 こんにちは。牧野です。水曜日に更新しようと思っていたんですが、あまりの暑さでバテバテ。何とか木曜日にパッチパチしているところであります。

 最近の暑さで思い出すのが、約20年前の海外出張でのこと。サッカーのキャンプ取材でオーストラリアのアデレードという小さい街に1か月ほど滞在していたんですが、当時は連日40度オーバーの灼熱地獄。救いだったのは湿度が低いことでして。汗は出るんですが、カラッとしているので不快感はそれほどない。調子に乗って、空いた時間に公園で日焼けをする日課を繰り返していたら、帰国後に背中一面がシミだらけ。かなり紫外線が強かったのは言うまでもない。それから夏場は屋内で涼むもんだと強く思っているんですが…。

 あの頃の気温を考えれば、日本の猛暑日もへっちゃらだと思いたいところですが、水曜日の朝はハンパなかった。調教が開始される朝5時の時点で気温は26度。あっという間に30度をオーバーしたかと思えば、強い日差しに晒される我々記者の体全体から汗が吹き出してくる感じ。アデレードの時と違うのは圧倒的に湿度が高いこと。北海道帰りで3キロ増になったワタクシのだらしない体も数時間で1キロ強も絞れてしまうほどでして。周りの現場記者でも、額から滝のようなアブラを流していたのは、Cカップ並みのオッパイに成長した男性のK記者、勤務超過でストレス食いが止まらないH記者、不規則な生活でも3食は絶対欠かさないS記者の「ラード三兄弟」。彼らにとって厳しい季節はまだまだ始まったばかりかも。

 さて、肝心の2歳馬情報ですが、素質馬が集まってくる新潟の新馬戦もPOG的にはアツいレースが続いております。まずは戸田厩舎から。今週の新潟でデビューするはずだったマルセリーナの半弟にあたる【プロトスター(牡、父ネオユニヴァース、母マルバイユ)】は9月3日の新潟・芝1800Mにスライドしたそうです。鞍上は岩田J。戸田調教師によると「スクミが出たので先延ばしになったが、いまは調教の動きを見る感じでは問題ない。いいところがある馬なんで期待している」とのこと。また、キーンランドセール出身の【アメリカンファクト(牡、父Speightown、母Missamerica Bertie)】が来週19日の新潟・芝1400Mを予定。「調教をやり出したらどんどん良くなってきた。気性的にカリカリするようなところはないんだけど、短距離タイプの馬かな」と戸田調教師の感触は良さそうでした。すでにデビュー戦で2着に好走している【ラソワドール(牝、父ゴールドアリュール)】は再来週あたりに使うそうです。

 続きましては将来有望の馬がいる栗田徹厩舎から見ていきましょう。先週の坂路で51秒台の好時計をマークしていたのはネオリアリズムの半弟にあたる【デルニエリアリテ(牝、父ゼンノロブロイ、母トキオリアリティー)】。放牧から戻って1本目で楽々と好時計を刻めるのは走る資質があるからなんでしょう。デビュー戦は戸崎Jとのコンビで20日の新潟・芝1600Mを予定。「調教でもかなり動いている。気持ちが強い。初戦から楽しみ」と栗田徹調教師の手応えも十分。先週の新馬戦で2着に入った【カーボナード(牡、父ディープインパクト)】よりも「能力は上」とのこと。ちなみにこちらのディープ産駒に燗しては9月3日の新潟・芝1800Mで初Vを目指しているそうです。「勝ち馬は32秒0でしたが、こちらもいい脚を使っている。新馬を勝って新潟2歳Sに行くプランが崩れてしまいましたが、今度は」と栗田師は勝利を意識。ほかでデビューが決まっているのは【エリーナハーラー(牝、父ヨハネスブルグ、母ニイガッタメール)】が19日の新潟・芝1400M、【キャクタス(牝、父リーチザクラウン、母リリーローズ)】が27日の新潟・芝1200M、【イザベルローズ(牝、父カジノドライヴ、母イザベルドスメーン)】が26日の札幌・ダート1700Mとそれぞれ考えているそうです。ゲート試験をクリアして放牧に出る【オースオブゴールド(牝、父オルフェーヴル、母ティッカーテープ)】に関しては、「まだ緩さはあるけど、走りはいいので楽しみはある」とのことでした。

 最後に奥村武厩舎から。今週13日の新潟・芝1600Mでデビューする【ランウェイデビュー(牝、父ストロングリターン、母デビュートウショウ)】に注目。奥村武調教師によると「牝馬だけど、馬格がある。乗り込みは十分。ピュッとした脚はないけど、仕上がりの良さでどこまでやれるか」とのこと。あまり脚光を浴びていなかった産駒ですが、すでに新馬勝ちが2頭。意外と侮れないかも。ほかでは【スイートフラッシュ(牡、父エイシンフラッシュ、母スイートリリック)】が北村宏Jとのコンビで26日の芝1600Mを予定。「エイシンフラッシュ産駒らしく前向きで見栄えが良い」と奥村師の印象は良さそう。【ラヴファンシフル(牝、父ハービンジャー、母デアリングハート)】も北村宏J騎乗で9月2日の札幌・芝1500Mを視野に入れている模様。「使えれば新潟の最後で使いたい。追い切りを見てから判断したい」とまだ流動的のようです。そして、金子氏所有の【ミラクルノワール(牝、父キングカメハメハ、母ペニーブラック)】は田辺Jとのコンビで9月3日の新潟・芝1800Mを予定しているそうです。

 本日は以上です。では、また。

 参加無料! スポーツ報知主催「馬トクPOGグランプリ」参加者募集中!指名はデビュー前日の23時59分まで可能です。賞品総額330万円を目指してエントリーしよう!登録はコチラから

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)