馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 新潟

帰ってきた妹(栗東)

2017年8月12日16時25分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。今日も小倉競馬場からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、木曜日の夜は昨日に更新したような事情で夜の小倉入り。で、とりあえず腹ごしらえをしようと、一軒のラーメン屋さんへ向かったのです。それは記者仲間の方から午後9時からしか営業していないと聞いていた店。正確には午後8時だったようですが、その店の名前を手がかりに探しつつ、小倉の街をぶらぶらしていたのです。ようやく店を見つけると、まずは唐揚げとビールを注文。非常にジューシーな唐揚げにビールが進みつつ、一気にラーメンを胃へ注ぎ込んでいく。短い時間ながら、非常に満足な夕食でした。

 ただですね、このお店、一度来たことがあったんですよ。入った瞬間に以前の記憶がチラッと浮かび、ラーメンを口にした瞬間に、やっぱり食べたことがある、と確信。ただ、この時は猛烈に酔っ払っていたんですよね。いつ誰と行ったのかは全く覚えていないし、唐揚げまで食べられなかったし、そもそも店名を聞いても全くピンとこなかった。けど、人間の潜在的な記憶っていうか、無意識のうちに覚えていることってあるんですね。正直、我ながら驚きました。今回はこの店が一軒目。ていうか、ここで食事をしたのみ。もう、絶対に忘れることはないでしょう。数年後、ワタクシが老化でボケない限りはね。

 ということで、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に、思いつくままに書いていきましょう。

 まずは素質馬がそろった札幌5R。矢作調教師が昨年から期待を寄せていた【マツカゼ(牡、父War Front、母Night Lagoon)】が登場しますね。半兄にノヴェリストを持つ良血馬ですが、正直、思っていたより早いデビュー。VTRで見る限り、動きも悪くなさそうですし、小倉から画面越しに初陣を見守りたいと思っています。

 その矢作厩舎では栗東に【エントシャイデン(牡、父ディープインパクト、母ルシュクル)】が戻ってきました。全姉に函館2歳Sを勝ったブランボヌールを持つということもあり、仕上がり早なのかなというイメージがありましたが、ゲート試験後に成長を促す放牧を挟んだ現在でも「背腰は緩さが残っていますよ」と安藤助手。ただ、こう言葉を続けます。「坂路で動いちゃうんですよね。今週、初めての追い切りで53秒台ですから。能力があるんでしょうね」。今後は来週から再来週のデビューを見据え、来週なら新潟の芝1400メートルあたりが視野に入っている様子。初戦から動ける態勢に持っていけるんじゃないかな。

 あと、先週も書いた【タイセイトレイル(牡、父ハーツクライ、母マザーウェル)】は再来週の小倉芝2000メートルか新潟芝マイルを視野に入れているとのこと。「今の時期に完成されてるなんてことはないけど、いい馬だと思いますよ」と安藤助手は手応えを感じているようです。あと、来週の栗東には【ジーナスイート(牝、父ステイゴールド、母ディアジーナ)】と【オスカールビー(牝、父ハーツクライ、母リキセレナード)】が入ってくるようです。このお母さん2頭、個人的には懐かしい名前ですね。

 そうそう、1Rでは音無厩舎の【アサクサゲンキ(牡、父Stormy Atlantic)】が登場。「前走で芝でも問題なかった。体調も大丈夫なので、チャンスは十分にあると思います」と力が入る生野助手には今週、ミッキーアイルの全妹になる【スターリーステージ(牝、父ディープインパクト、母スターアイル)】が栗東に戻ってきました。以前にも書いたように、阪神開幕週の芝マイルでの初陣を予定。全きょうだいですが、今回は牝馬ということもあって、「同じ時期のアイルの方がフワフワと走っていたような気がします」と生野助手。とはいえ、「いいモノを持っていると思います」と話していましたし、今後の追い切り時計に注目ですね。

 あと、来週の小倉芝1200メートルを予定している外国産馬、【モズスーパーフレア(牡、父Speightstown、母Christies Treasure)】も「こちらが思っているよりは動けています」と生野助手が話していましたよ。

 ということで、ここからは簡単に本日の競馬場から。詳しくは当社HPに掲載している、各レースの詳細記事をご覧くださいませ。2Rの2歳未勝利では1番人気の【クアトレフォイル(牡、父ルーラーシップ)】が3着に敗れた友道厩舎ですが、評判馬ぞろいの新馬を勝ち上がった【ワグネリアン(牡、父ディープインパクト)】が野路菊Sに出走することになりました。正直、意外に2戦目としては早いなという印象ですが、「使った後も順調ですから」とのこと。早い時期に2勝目をつかんでいれば、後々が楽になりますからね。

 小倉9Rのフェニックス賞は【ゴールドクイーン(牝、父シニスターミニスター)】の逃げ切り。このお父さんだったからでしょうけど、新馬勝ちからの参戦だというのに、何と8番人気とは…。忘れた頃に人気薄の逃げ馬、です。

 では、ネット限定「厳選馬」のコーナーを。昨日の期待に応えてくれた音無厩舎を本日もプッシュ。

小倉1R・1アサクサゲンキ(前走は勝ち馬のペースにうまくやられた、という競馬。芝も問題なし。絶好枠から押し切る)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

小倉6R・3ファイナンス(「未勝利で終わる馬じゃないと思いますよ」と生野助手。上積み大きい2戦目、もっと前めで運べれば変わる)

小倉12R・6ワールドオンライン(仕上がり途上の前走が強い競馬。距離延長にも対応可能で、上積み大なら昇級でも)

札幌12R・3カレンジラソーレ(前走は道中で絡まれ、かなり厳しい競馬になった。楽に先手なら、十分に踏ん張れる)

新潟9R・12カルムパシオン(この馬は行き切るだけ。ここ数戦に比べると、同型は明らかに少ない)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

 参加無料! スポーツ報知主催「馬トクPOGグランプリ」参加者募集中!指名はデビュー前日の23時59分まで可能です。賞品総額330万円を目指してエントリーしよう!登録はコチラから

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)