馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神

1400(栗東)

2017年9月5日15時55分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。今日は火曜日で少し早いですけど、栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、9月に入り、暑さのピークは過ぎた感じでしょうか。調教へ向かう午前4時半ほど、多少涼しい中で自転車をこいでいます。ただ、汗っかきで暑がりなワタクシだからこそ涼しいと思っているようで、その時間帯に早くも肌寒さを覚えているような記者仲間もちらほら。もともと、汗をかくことが好きではなく、結構な時期まで半袖で頑張るワタクシにとっては、信じられないような感覚なんです。

 しかし、先週の朝だったか。あるテレビ番組を見ていると、もう家で冷房をつけていない人が半分近くになっているという。いやはや、皆さんすごいです。ワタクシは絶対に無理。まぁ、家に扇風機がないってこともあるんですけど、まだ冷房なしでは生きていけない。もう、体が冷たい空気に慣れちゃっているんでしょうね、アカンとは思っていますが…。つい先日も、ドライブをしている時に車内の適温について揉めちゃったんですよね、実は。

 ということで、来年こそは冷房依存人間からの脱却を目指しつつ、そろそろ本題へ。今日は栗東からのナマ情報が中心です。

 まずは小倉2歳S組からいきましょうか。勝ち馬の【アサクサゲンキ(牡、父Storme Atlantic)】なんですが、こちらはレース後に話していたように京王杯2歳Sから朝日杯FSを目指すようです。京王杯2歳Sっていえば、函館2歳Sを勝った【カシアス(牡、父キンシャサノキセキ)】も浜中Jとのコンビで、このレースへ向かうとのことでした。

 2着の【アイアンクロー(牡、父アドマイヤムーン)】は1度、放牧に出されます。斉藤崇調教師は次走に関しては「いきなりマイルというより、一度1400メートルを挟みたいと思っています」とのことでして、こちらも京王杯2歳Sあたりが候補になるのかな。

 小倉2歳Sで3着だった【バーニングペスカ(牡、父パイロ)】と、同レースで5着だった【イイコトズクシ(牡、父キンシャサノキセキ)】はききょうSへ向かうようです。あと、1番人気ながら敗れてしまった【モズスーパーフレア(牡、父Speights Town)】は放牧に出されるようです。そうそう、札幌で新馬を勝った橋田厩舎の【スズカフェラリー(牡、父スズカフェニックス)】もききょうSを目指すようでして、イッキにこのレースの顔ぶれがそろってきた感じがしますね。

 続いては1週遅れながら、新潟2歳Sで2着だった【コーディエライト(牝、父ダイワメジャー)】について、佐々木調教師に取材。「惜しかったけど、勝った馬は強かったし、仕方ない。この時期に賞金を加算できたのは大きいよ」とのこと。今後はひと息入れた後、ファンタジーSから阪神JFのローテーションを予定しています。

 あと、藤岡厩舎で小倉での未勝利を勝ちました【アンヴァル(牝、父ロードカナロア)】もファンタジーSへ向かうとのことでしたと。で、新潟で新馬勝ちした【サンリヴァル(牡、父ルーラーシップ)】は中山の芙蓉Sで連勝を狙うとのことでした。実はここまで、芙蓉S以外のレース、すべて1400メートルのレースだったんですよね。決して、意図したわけではないんですけど…。

 1400メートルつながりってワケでもないんですけど、タイトルにもしちゃったんで(笑い)、阪神3週目の芝1400メートルで復帰する音無厩舎の【ヴァルディノート(牡、父ヨハネスブルグ)】が今日、栗東に戻ってきたようですね。あと、同じく【シエラネバダ(牡、父ディープインパクト)】も栗東に戻ってきたようです。あとは吉村厩舎では【エルカラファテ(牝、父ディープインパクト、母オジャグワ)】が栗東に入ってきたようですね。

 ということで、今日は少し駆け足気味でしたが、ここまで。また、明日です。ではでは

 参加無料! スポーツ報知主催「馬トクPOGグランプリ」参加者募集中!指名はデビュー前日の23時59分まで可能です。賞品総額330万円を目指してエントリーしよう!登録はコチラから

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)