馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 新潟

大物の香り(栗東)

2017年9月14日20時38分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。今日は栗東、じゃなくて、すでに帰ってきた西宮の自宅からのパッチパチでございます。巨人劣勢のゲームをBGMに、早速いってみましょうか♪

 さて、今日はすでにHP上にあがっておりますが、武豊Jのスペシャル授業の取材で小学校へ取材へ行きました。この授業、体育館で行われたんですが、小学校の体育館なんて、実に何年ぶりでしょうか。バスケのリンクを見ながら、こんなに低かったけなと思いつつ、木製の少し滑りやすい床の上に立つと、久々に剣道なんかやってみたいなと思ってしまう。実際、この年で久々に剣道なんてすると、アキレス腱を切ってしまうでしょうけどね、恐らく。

 今回は小学5、6年生が対象。つまりは11、12歳の子供たちです。この中にワタクシより背が高そうな子もいて、「お~、最近の子供は大きいな」なんて記者仲間と話しておったのです。しかし、待てよと。この子供たちは僕が30歳直前の時に生まれているわけで、普通に自分の子供って言われてもおかしくない年なんですよね。そういうことを考え出すと、色々と思うところが…。う~ん、切ない。最近の理想は将来、生まれてくるはずの子供の学校での行事に、今と近い姿で参加すること。あのじいさん、誰のオトンだと言われないように、頑張る所存です。

 ということで、豊さんへの取材の話から、思いっきり脇道にそれたところで、そろそろ本題へ。今日も栗東からのナマ情報をお伝えしましょうか。

 まずは、ツイッターで少し書きましたが、音無厩舎の【スターリーステージ(牝、父ディープインパクト)】ですが、京都開幕週の牝馬限定、芝マイルの未勝利に出走が決まりました。10月7日かな。来週にマイルの未勝利はあるけど、中1週になりますし、ちょうどいい間隔でのマイルのレースと言えば、ここしかないですもんね。鞍上は福永JがサウジアラビアロイヤルCでの騎乗が決まっていたため、MデムーロJとなりました。

 あと、本日の坂路では【ピリカクル(牝、父オルフェーヴル、母ピリカ)】が初の追い切り。時計を見た音無調教師は「悪くないんじゃないか。まだ、トモは緩いんだけどな」と笑顔を浮かべていましたね。もともと、期待の高かった馬なんですけどね。こちらは阪神4週目、芝1800メートルでのデビューを予定しています。

 そうそう、サウジアラビアロイヤルCといえば、先週に続き、U先輩からの情報提供をひとつ。当初は野路菊Sを予定していた、佐々木厩舎の【バイオレントブロー(牡、父バゴ)】は内田Jとの新コンビで、このレースに参戦するようです。

 さて、ここからは大物系のお話を二つ。まずは友道厩舎の【スーパーフェザー(牡、父ディープインパクト、母オーサムフェザー)】なんですが、動き次第で菊花賞デーの芝2000メートルか、翌週の土曜日芝1800メートルのいずれかになりそうです。鞍上はいずれの場合もMデムーロJとのこと。友道厩舎の2歳勢についての話は、また週末にお知らせいたします。

 続いては池江厩舎。今週、栗東に戻ってきた【サトノエターナル(牡、父ディープインパクト、母ソーメニーウェイズ)】は京都1週目のデビューを予定しているとのこと。芝2000メートルも、芝1800メートルもありますもんね。で、この馬について池江調教師に話を聞くと、「バネは半端じゃないですよ。ディープそのものといった感じ」とかなりの感触。これから取材するのが楽しみになるようなトーンでした。池江厩舎も週末に少しだけ情報を。

 最後に安田隆厩舎の話を少々。今日の投票所前で安田助手とバッタリ会ったんです。で、2歳馬の話を色々と聞いたんですが、今日は一つだけ。安田助手に「牧場なども含めて、今年の2歳でどれが1番、オッと思ったんですか?」と聞くと、名前が出てきたのが【サトノエメラルド(牡、父キングカメハメハ、母トレアンサンブル)】。何と、今週栗東に入ってきたんですよね。「牧場で乗っている時、2歳馬離れしている馬力を感じました。決して重苦しさじゃありません。走りのバランスもいいんです」とかなりのトーンでした。母系もしっかりしていますし、血統的にもクラシックを狙っていきたいような口ぶりでしたね。

 ということで、安田厩舎のその他の馬は週末にストックしつつ、今日はここまで。また、明日です。ではでは

 参加無料! スポーツ報知主催「馬トクPOGグランプリ」参加者募集中!指名はデビュー前日の23時59分まで可能です。賞品総額330万円を目指してエントリーしよう!登録はコチラから

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)