馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 新潟

再びお久しぶりです(栗東)

2017年9月20日15時54分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。今日は栗東からのパッチパチ。とはいえ、本日は追い切りが少ないんですよね。何だか妙な気分の水曜日取材です。

 さて、今日はちょっと忙しいんです。ということで、久々の前振り省略バージョン。ごく少ない、マニアな前振りファンの皆さん、申し訳ございません。ということで、そろそろ本題へ。今日は情報を中心に書きつつ、詳細は週末更新分にて、っていうパターンでいきましょう。

 まずは音無厩舎ですが、小倉2歳Sで1番人気ながら敗れてしまった【モズスーパーフレア(牝、父Speightstown)】はファンタジーSでの巻き返しを視野に調整していくようです。その小倉2歳Sを勝った【アサクサゲンキ(牡、父Stormy Atlantic)】は京王杯2歳S、引き続き武豊Jで参戦します。あと、来週の芝1800メートルでデビュー予定の【ピリカクル(牝、父オルフェーヴル、母ピリカ)】は松若Jが騎乗するようです。

 続いては松永幹厩舎。今週の芝2000メートル、浜中Jでデビュー予定だった【レッドエクシード(牡、父ディープインパクト、母セレブレイションキャット)】は岩田Jが騎乗することになりました。あと、【ブラゾンダムール(牡、父ディープインパクト、母ブラゾンダムール)】は10月8日の東京、芝2000メートルをMデムーロJで予定しているとのこと。【メイドインヘヴン(牡、父ハーツクライ、母レッドルンバ)】は京都開幕週、芝1400メートルを予定しています。

 あと、中内田厩舎で夏の阪神で新馬を勝った後、実戦から遠ざかっていた【ダノンプレミアム(牡、父ディープインパクト)】はサウジアラビアロイヤルCで復帰するようです。鞍上は引き続き、川田J。さらに、池江厩舎では秋阪神の開幕週で勝った名牝ビリーヴの子、【ジャンダルム(牡、父Littens Joy)】がデイリー杯2歳Sへ向かうことも発表されました。鞍上は武豊J。「前走が粗削りな内容で勝ってくれたから」と池江調教師は伸びしろを感じているようでした。あと、池江厩舎には【テネイシャス(牝、父キングカメハメハ、母ヒカルアマランサス)】と【サンラモンバレー(牡、父ロードカナロア、母モンローブロンド)】が入ってきたようです。

 今日の最後は矢作厩舎。北海道から帰った後、1度だけ取材させてもらったんですが、今度はアメリカのセールへ。相変わらずというか、ホントに飛び回っておられます。精力的です。ということで、まずは注目の【エントシャイデン(牡、父ディープインパクト)】の今後について。現時点では次走の選択肢は2つあって、京王杯2歳Sか東京スポーツ杯2歳Sということです。血統的には短いところのイメージなんですが、上とはタイプが違うようで、騎手や調教をつけている方々も距離に融通が利きそうという見立てのようなんです。もう少し状態や相手関係などを見ながら、詰めていくようですね。

 本日も近々、入ってくる馬など色々と聞いたんですが、これは週末にイッキにいきましょう。とりあえず、今週の栗東には【タイセイグランツ(牡、父ハーツクライ、母ミッキーパール)】と【ヘブンリーデイズ(牡、父ロードカナロア、母カラフルデイズ)】が入ってくるようですよ。

 ということで、今日はここまで、また次回です。ではでは

 参加無料! スポーツ報知主催「馬トクPOGグランプリ」参加者募集中!指名はデビュー前日の23時59分まで可能です。賞品総額330万円を目指してエントリーしよう!登録はコチラから

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)