馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 福島

待った甲斐があった(栗東)

2017年10月26日18時6分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。今日は戻ってきました、栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、先週の更新分で「夢かうつつか」問題について書きました。要は夢と現実が混同していたっていう話。前回ほどではないですが、実は昨夜も発生したのです。先日とは違うんですが、栗東で寝ている時の話。夢の中で友道調教師や音無調教師に矢作調教師、さらには橋口元調教師などが登場して、ひと昔前にあったような坂路小屋の光景が出てきたんですよ。で、会話をしているんですが、会話の内容が微妙にずれている。例えばマカヒキが菊花賞馬、橋口センセイがまだダービーを勝てていないみたいな…。そんな話を進めていると、坂路小屋の扉が開いて、なぜか仕事に全く関係のないプライベートの友人が入ってきて、あれっと思っているうちに目が覚めて…。

 紙面をご覧の方はご存じかと思いますが、今週は久々の栗東入り。高ぶる気持ちが…、なんて考えてみたけど、こんな夢は見たことない。悲しき職業病とでもいいますかね。まぁ、今週からは通常通りの栗東ベースの仕事とお仕事ということで、当ブログもパッチパチと更新していく予定。今後もお付き合いくださいませ。ということで、そろそろ本題へ。

 今日は名前を出した以上、この坂路小屋からのネタを中心に進めていきましょう。友道厩舎には北海道でゲート試験に合格していた【アンコールプリュ(牝、父ディープインパクト、母オイスターチケット)】が栗東に戻ってきました。阪神開催前半のデビューを目指して、じっくりとやっていくようです。そうそう、大江助手は「ディープの牝馬らしい、しなやかな感じですよ」と好感触でした。さらに、半兄にアドマイヤキズナを持つ【アドマイヤセレブ(牝、父ロードカナロア、母アドマイヤオウカ)】は中京開幕週の芝1400メートルが目標。クローバー賞3着だった【デルマキセキ(牡、父Scat Daddy)】は秋明菊賞を予定しているようです。

 友道厩舎は週末にPART2をお届けしますが、最後に来週予定の【ユーキャンスマイル(牡、父キングカメハメハ、母ムードインディゴ)】を。今日は武豊Jの騎乗で追い切りを行いました。「良かったですよ。この馬は上(カリビアンブルー)と違って、お母さんが出ている。気性もおっとりしている。距離はあった方がよさそう」と友道調教師は話していました。

 ただ、出走予定の芝2000メートルは非常に注目の1頭が音無厩舎にいるんですよ。それが【アプルーヴァル(牡、父オルフェーヴル、母ファシネイション)】。この馬、本当は秋華賞ウィークの15日にデビューする予定だったんです。ところが、追い切りに騎乗した横山典Jの「まだ(使うのが)早いと思う」という言葉で、何と当初の予定から3週間も延びることになったんです。で、本日は槿山典Jの騎乗で追い切り。これが坂路で余力残しながら、50秒9が出ちゃったんです。しかも、ラスト1ハロンが12秒6でまとめ、重賞を勝っているサンライズノヴァに先着したんだから大したモノです。

 音無調教師は普段、デビュー前の新馬で大きなことは言わないんですが、「待った甲斐はあったよな。体が締まってきたし、しっかり動けるようになってきた」と満足そうに何度もうなずきます。で、その後に音無厩舎へ行った際、松若Jとこの馬の話になると、「今年の2歳の中では乗り味が一番いいかも」と絶賛。う~ん、血統的にはダークホースでしたが、これはかなりのモノかもしれません。そうそう、松若Jが「これもいい馬ですよ」と教えてくれたのが【フランツ(牡、父ディープインパクト、母ロベルタ)】。こちらは11月19日の京都芝2000メートルをルメールJで予定しています。

 あとはですね、ミッキーアイルの全妹、【スターリーステージ(牝、父ディープインパクト)】は来週の京都牝馬限定、芝マイルをCデムーロJで予定しています。あと、【キャットタング(牡、父Tapit、母Wile Cat)】は来週の芝1400メートルでのデビューを予定。鞍上は和田Jの予定です。少し気性に難しさを抱えているようですが、動き自体は悪くなさそうですよ。さらに、先週の未勝利を圧勝した【ヴァルディノート(牡、父ヨハネスブルグ)】は11月18日の東京芝1400メートルの平場で2連勝を狙います。

 ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)