馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 福島

大物の相(栗東)

2017年11月1日19時29分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。今日も栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、今日は水曜日なんですが、ワタクシはどーにも木曜日的な感覚なんです。なぜかといえば、今週末は3日間開催のため、通常は木曜日に行われる出馬投票が本日あったから。つまりは週末のレースの出走馬が決まったからです。ワタクシがよく書いている投票所前の取材ってのも本日行っているワケで、そのまま西宮の自宅に帰ってきたのです。家に帰って、テレビをつけた時、あっ水曜日かと思った次第なのです。ちなみに明日の更新は木曜では超珍しい、梅田の会社からです。

 ということで、小忙しい本日は前振りもソコソコに本題へ。一部のマニアな前振りファンの皆様、すいません。

 まず、本日は吉村厩舎から。来週の牝馬限定、京都芝マイルをCデムーロJで予定している【エルカラファテ(牝、父ディープインパクト、母オジャグワ)】に対する、吉村調教師の期待は厚いようです。「体に適度な幅があるし、動きもいいからね。初戦から楽しみです」とのこと。半姉のリベルタンゴは当ブログで池江厩舎時代に何度も取り上げましたし、お母さんはアルゼンチンで有名な名牝だったはず。とにかく、血統的にも筋が通っています。先週の新馬で11着だった【モトカ(牝、父Frankel)】は一度放牧へ。「成長を促します。変わってくると思いますよ」とトレーナーは話していました。

 ここで小ネタを少々。大久保厩舎でダノンブライトの全弟になる【ダノンフォーチュン(牡、父ディープインパクト、母ペニーズフォーチュン)】が本来、今週のデビューを目指していましたが、万全を期して、来週へスライドになったようです。この馬、厩舎内の評価はかなり高いとのことです。あと、高野厩舎でショウナンパンドラの半弟にあたる【ブルヴェルソン(牡、父ダイワメジャー)】は引き続きルメールJ騎乗で、もちの木賞へ向かうとのこと。

 あと、河内厩舎に【ビーチタイム(牝、父ロードカナロア、母シースナイプ)】が本日、入ってきました。なぜ、取り上げたかと言いますと、先週だったか、河内調教師への出走馬取材が終わった後、「未入厩の2歳馬で楽しみな馬はいますか?」と聞いたところ、真っ先に挙げてくれた馬だったから。「小柄でコンパクトだけど、体のバランスや走りがいい」とのことで、期待していましたよ。あと、庄野厩舎の【レッドシャーロット(牝、父ロードカナロア)】は秋明菊賞へ向かうようです。

 続いては友道厩舎から。先週の新馬で注目馬、【スーパーフェザー(牡、父ディープインパクト)】が鮮やかに新馬勝ちを飾りました。ホントにまだまだ子供らしいんですけど、勝ちっぷりがホントによかった。「まだまだオットリしていて、実はレース前に周りの馬がうるさかったんだけど、この馬はずっとオットリしていたんだよね」とは友道調教師。周囲に全く動じない、どっしりとした面があるようです。今後は一度、放牧に出し、年内に使うかなどを考えていくとのこと。「もちろん、次の上積みは大きいと思う」とのことで、今後の注目株となっていきそうです。

 ということで、ワグネリアンやスーパーフェザーと迷った末、今年は【ピボットポイント(牡、父ディープインパクト)】をプッシュしたことを大江助手に嘆いたんですが、「大丈夫、あの馬は走ってきますから」との返事。馬のジャッジはしっかりしている大江助手ですから、単なる慰めではないと信じつつ、早ければ暮れの阪神を予定している復帰戦を待ちましょう。

 萩Sで6着だった【アドマイヤキング(牡、父キングカメハメハ)】の今後は未定。来週の牝馬限定、芝マイルに和田Jで出走する【レッドプリモ(牝、父ルーラーシップ、母アドマイヤエレノア)】は「気性で変わった面はあるけど、今週の動きがよかった。良くなってきたね」と上昇度を感じ取っているようです。あと、黄菊賞で連勝を狙う【ジュンヴァルロ(牡、父New Approach)】の鞍上がムーアJに変更となったようです。

 ということで、友道厩舎は他にも話があるんですが、こちらは週末版にて。今日はここまで、また明日です。ではでは

 参加無料! スポーツ報知主催「馬トクPOGグランプリ」参加者募集中!指名はデビュー前日の23時59分まで可能です。賞品総額330万円を目指してエントリーしよう!登録はコチラから

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)