馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神 中京

真価を問う(栗東)

2017年12月2日15時18分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。今日は久々にやって来ました、阪神競馬場からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、栗東の飲み仲間Kクンと同じ社の先輩にOさんという方がいます。ワタクシと同じように、いや、それ以上の生粋の穴党でありまして、もともとS社の看板記者さんではありますが、今秋は特に好調なようです。この方、年上だというのに馬券への“戦闘意欲”が半端ない。中山1Rや福島2Rなんかでも、いい声が出ていますし、WINS梅田へ歩く姿を見かけたことも数回どころではなく…。確か、ご家族もいるはずなのに、本当にすごい。

 さて、このOさんは坂路小屋を主戦場にしております。恐らく、今年の坂路小屋で取材している時、も長い時間、一緒にいる記者の方です。で、この二人が音無、友道、矢作、須貝調教師の話をよく聞いてたりする。いつも思うんですけど、ワタクシもOさんも取材の感触をダイレクトに予想に結びつけるタイプならば、ガチガチの本命党になると思うんですよ。ちなみに、この坂路小屋の取材が終わった後、坂路下で池江調教師の囲み取材です。常に人気を背負い、注目を集める厩舎ばかり。しかし、取材をもとに色々と高配当を求めてしまうから、我々はタチが悪い。そして、Oさんと穴馬がかぶった時は悲しいかな、ほとんどきていない。やっぱり、競馬って難しいモノですね。

 ということで、そろそろOさんもご覧になっているらしい本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 明日の5Rは芝マイルでの新馬戦。友道厩舎の【アンコールプリュ(牝、父ディープインパクト、母オイスターチケット)】が出走します。昨年のダービー馬マカヒキに続き、今年はワグネリアンという大物候補が誕生している友道厩舎―ディープインパクト産駒―金子真人HDというライン。こちらは攻め馬で抜群の動きとまではいきませんが、騎乗している安田助手の感触は悪くありません。「攻め馬はやるごとに良くなっていますし、今週はしまいの動きがよかった。パワータイプではないので、チップより軽い芝の方がいいと思います」とのこと。友道調教師は「いいフットワークだし、体に柔らかみがある」と話していましたね。

 友道厩舎では来週、新潟の新馬以来となる【ノーブルカリナン(牝、父ディープインパクト)】が復帰します。「体は良くなって、帰ってきた。ただ、前走のような切れ勝負になると現状はよくないかも」と友道調教師は分析していました。オッと、来週の話の前に、今週は中京5Rにも【アドマイヤセレブ(牝、父ロードカナロア、母アドマイヤオウカ)】が出走しますね。ただ、こちらはまだ気持ちの面で不安定なようで、「能力はあると思うけど、まじめに走るかどうか」と気にしているようでした。

 その中京5Rは安田隆厩舎の【ミッキーワイルド(牡、父ロードカナロア、母ワイルドラズベリー)】かな。安田隆調教師は「いずれは走ってくるでしょうけど、まだモッサリした面もありますよ」と少し慎重な面も見せていましたが、調教ではいい動きを見せています。馬体も入厩後にかなり絞って、510キロ台あたりでの出走になりそう。やはり、カナロア産駒の中でも一、二を争うような期待馬でしたから、自然と注目してしまいます。あと、安田隆厩舎にはゲート試験に合格している【ボナヴィーゴ(牡、父ディープインパクト、母ラッシュラッシーズ)】は来週にも戻ってくるとのことでした。

 週中で少しだけ触れた矢作厩舎の補足を。全兄にディープブリランテを持つ【ディープインラヴ(牡、父ディープインパクト、母ラヴズアンドバブルズ)】は近日中の入厩を予定しています。まずはゲート試験合格を目指し、その成長過程を見ながら、調整を決めていくようですね。あと、リアルスティールの弟で、本来は「4番でエース」だった【ジンゴイスト(牡、父ハーツクライ、母ラヴズオンリーミー)】は徐々にペースアップといった感じ。「2月入厩を目指したい。そこまでのメドは立ったかな」と矢作調教師は説明してくれました。

 最後に阪神6R。我々の頭を悩ませる音無厩舎の【アプルーヴァル(牡、父オルフェーヴル)】が登場します。単勝1倍台だったデビュー戦で乾杯を喫し、音無調教師は「この馬のことは聞くな。分からん」と突っぱねます。とはいえ、これで引き下がれない。しつこく食らいつくと、「距離を千八にするし、調教通りに走れればだな」とポツリ。中間の状態に関しても、生野助手は「相変わらずいいですね」とのことでした。キタサンブラックの宝塚記念もそうでしたが、どうにも力負けとは考えづらい負け方でしたからね。今回が真価を問う、大事な2戦目だと思っています。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

中山11R・11アルティマブラッド(ようやく、音無調教師が常に「ベスト」と公言している中山6ハロン戦への投入。この相手なら踏ん張る)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

阪神3R・12ラドルクス(松若Jが「馬が良くなっているし、ダート替わりもよさそう」とかなりの好感触)

中京4R・13ハーツフェルト(初戦はハイレベルの新馬だと思っている。距離延長で見直す)

中京8R・12ワールドフォーラブ(音無調教師が「これからはこの距離を中心に使っていく」ときっぱり。状態もいい)

中山9R・12フジマサクラウン(同じ舞台の2走前は、前がまともに詰まった。それでも5着。今は出来がいい)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)