馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 中京

巻き返しを狙って(美浦)

2017年12月13日19時20分  スポーツ報知 Link

 こんばんは、川上です。本日も美浦トレセンからのパッチパチでございます。

 さて、追い切りも一段落した今朝11時過ぎの美浦トレセン。人もまばらになったスタンド前でしゃがみこみ、何やら地面の一点をじっと見つめている怪しい人影がありまして…。「ちょっと来てみろ」との声の主は『崖っぷち男』こと、NスポーツのYさん。近寄ってみると、視線の先には100円玉がひとつ…。今朝の取材中に少なくとも2回ほど馬糞(食事中の方はすみません)をフンでしまったYさんでしたが、最後の最後にまさかのお宝をゲット。「ウンがついてるな~」といいながら、ポケットにちゃっかり100円玉を忍ばせておりました…。本業の予想や麻雀のほうでは「崖っぷちじゃなくて、もう崖下だよ」と自嘲気味のYさんですが、年の瀬を前にウン気がようやく上がってきたようです(笑い)。

 くだらない話は置いといて、有力馬たちの今後についてざっくばらんに書いていきましょう。

 まず先週の阪神JF組では、3着の【マウレア(牝、父ディープインパクト)】がクイーンCを視野に入れるそうです。「休養を挟んで、そこを目標に調整を進めていきたい」と手塚調教師でした。5着の【モルトアレグロ(牝、父スペイツタウン)】は具体的な番組は未定ですが、「年明けにどこかで一戦挟んで、トライアルに向かいたい」と武井調教師です。1番人気9着だった【ロックディスタウン(牝、父オルフェーヴル)】は本日13日に福島・ノーザンファーム天栄に放牧に出ており、回復具合を見ながら次走は決められます。また、10着だった【マドモアゼル(牝、父ブラックタイド)】はクロッカスS(18年1月27日、東京・芝1400M)で巻き返しを狙います。

 それから、国枝厩舎勢もいきましょう。【アーモンドアイ(牝、父ロードカナロア)】はシンザン記念(18年1月8日、京都・芝1600M)で重賞初挑戦の方向。【オウケンムーン(牡、父オウケンブルースリ)】は「年明け中山の芝2000M(1月8日、500万)が目標かな」と国枝師です。「もしかしたら同じところを使うことになるかも」と師が語るのは【ダイワメモリー(牝、父ノヴェリスト)】で、こちらは若竹賞(1月21日、中山・芝1800M)も候補に入っています。また、1月8日中山・芝2000Mの500万といえば【コズミックフォース(牡、父キングカメハメハ)】も選択肢に入っているレースなのですが、こちらは本日の師への取材で京成杯(18年1月14日、中山・芝2000M)のワードが出てきました。正式にレースが決まったら、どこかでお伝えできればと思います。

 それから奥村武厩舎では、【テンクウ(牡、父ヨハネスブルグ)】がジュニアC(18年1月6日、中山・芝1600M)へ。初めての中山マイルでサウジアラビアRC(4着)からの反撃を狙います。【ムルシェラゴ(牡、父プリサイスエンド)】は同じ日の500万、中山・ダート1800Mへ。自己条件で、北海道2歳優駿(8着)からの巻き返しを図ります。

 本日はここまでで。ではではまた!

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)