馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 中京

じっくり調整中(美浦)

2018年1月6日18時59分  スポーツ報知 Link

 こんばんは、川上です。本日は会社での内勤デー。中山金杯の◎ブラックバゴが直線で猛然と追い込んできましたが、勝ち馬からクビクビクビ差の4着…。もん絶しながらのパッチパチでございます…(泣き)

 終わったことは終わったこととして何とか気持ちを切り替えながら、、明日、あさっての競馬を見ていきましょうか。 

 明日の中山メインは、3歳牝馬同士のフェアリーS。前売り1番人気は関西馬のトロワゼトワル、僅差の2番人気が関東馬の【プリモシーン(牝、父ディープインパクト)】ですね。今回は、10月の東京での未勝利戦を勝って以来、約3か月ぶりの一戦ですが、3日の最終追い切りでは古馬2頭との併せ馬で最先着して、仕上がりの良さを感じさせました。木村調教師は「器用なタイプではなくて、どちらかというと左回りのほうが良さそう」と舞台設定的には控え目でしたが、馬の状態自体には及第点の評価。初戦で敗れた【トーセンブレス(牝、父ディープインパクト)】が先月の阪神JFで4着と通用のいったんを見せていましたし、この馬もここで勝機がありそうですね。

 個人的に注目しているのは、【テトラドラクマ(牝、父ルーラーシップ)】。妙味も込みで期待しておりますが、こちら前日最終オッズで3番人気ですか! この馬、初戦は距離不足に加えて、一頓挫もあって9着でしたが、その後が評価を高めるには十分な内容。中間の坂路での動きも上々で、小西調教師も「だんだん馬体が締まってきたし、精神面でも大人になってきた」と好感触でした。

2走前(2着)の勝ち馬が先述のプリモシーンですし、十分勝負になると見ていますが、果たして。あとは展開のカギを握りそうなのが、関西馬ではありますが、松岡J騎乗のサヤカチャン。前走の阪神JF(14着)に続いてまたしても最内枠をゲット。「前走は(ハナに)行けなかったけど、今回はうまくこの馬のスピードを生かせたら」とレースをイメージしておられましたので、参考までに。

 

 その松岡Jの騎乗馬でいえば、1Rの3歳未勝利戦(中山・ダート1200M)の【アメリカンツイスト(牡、父ストロングリターン)】が面白い存在です。芝で3戦して、3か月ぶりの復帰戦。レースでは初騎乗ながら、調教で感触を確かめていて、「ダート替わりでいいと思うよ!」と前進を見込んでいました。ここは、有力馬として砂替わりの前走で2着に入った【バットオールソー(牡、父ストロングリターン)】もスタンバイしておりまして、ストロングリターン産駒同士の叩き合いが見られるかもしれませんね!

 あとは、同じく3歳未勝利戦の2R(ダート1800M)では、新開厩舎の【オデュッセイア(牝、父ヴィクトワールピサ)】も穴馬として面白いかも。芝の初陣は11着に敗れましたが、休養で立て直して砂投入の一戦。厩舎の先輩にあたるエバーグリーンはじめ、コンスタントに走るきょうだいですし、砂をかぶらない大外枠も歓迎。「ダートで動けそう」という新開調教師の期待通り、ガラリ一変があるかもしれません。

 8日の月曜日も中央競馬は続きまして、京都メインは出世レースのひとつ、シンザン記念です。こちらも関東馬が2頭遠征します。国枝厩舎の【アーモンドアイ(牝、父ロードカナロア)】は未勝利勝ち以来、3か月ぶりの復帰戦。今回は戸崎Jに手替わりとなりますね。「現状はマイルくらいがちょうどいいし、ゲートもだいぶ上手になってきた。でも、折り合いとかを考えたら、今回はポンと出ないほうがいいかもしれない」と国枝調教師は指摘してました。追い切りにまたがった戸崎Jも「動きも良かったし、いい馬だね」とかなり好感触でしたし、男馬相手でも楽しみがありそうです! もう一頭は藤沢和厩舎の【ファストアプローチ(牡、父ドーンアプローチ)】。こちらは前走の朝日杯FSに続く、マイル続戦。「お父さん(ドーンアプローチ)もヨーロッパのマイルで活躍していたし、日本でもうひとつくらい勝てたら、いずれは海外のレースにも出走させてみたいね」と藤沢調教師でした。8日の京都は降水確率が70%まであがってきましたし、「時計を要する馬場」を熱望する陣営にはうってつけの馬場になるかもしれません。

 その藤沢和厩舎から少しだけPOG情報も。重賞2勝馬ロサギガンティア、スターオブペルシャの半弟にあたる【ウェストブルック(牡、父ディープインパクト、母ターフローズ)】が先月12月27日に入厩済みです。こちらは、ゲート練習などに向けて少しずつ調整を進めている段階でして、「まだまだ、乗り込んでからだね」と藤沢師はじっくり進めていく構えでした。先日取り上げた【パスティエーラ(父キングカメハメハ、母パストフォリア)】のほうも、12月21日の入厩以来、じっくり調整中。「まだまだ乗り込んでいかないとね」とトレーナーで、こちらもデビューまではもう少しかかりそうな雰囲気でした。引き続き取材を進めておきます。

 本日はこれくらいで。ではではまた!

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)