馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都

方向性を決める(栗東)

2018年1月18日20時1分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。今日は栗東から帰ってきて、西宮の自宅からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、今日は軽い前振りゾーンを全く書く時間がないほどに忙しい。ということで、ホントに何も書くことなく、本題へ入らせていただきます。ご了承くださいませ♪

 さて、今週末の新馬で注目のグレートウォリアーがデビューする藤原英厩舎から。実は中京の芝1600メートルに【サトノシリウス(牡、父ディープインパクト、母パールシャドウ)】も投票していたんです。除外になりましたが、この馬は除外の権利も持っていませんでしたし、ある程度、計算ずみという感じです。母もオープンまで出世した血統馬で、乗り込み量は十分です。「最初は動き切れてなかったけど、徐々に良くなってきた感じ。切れるというより、母系の肌(クロフネ)も出ている感じかな。今週はしっかり動けていた」と田代助手。来週以降の初陣になりそうですが、上り調子の中でレースを迎えられそうな雰囲気です。

 新馬勝ち直後に若駒Sへの出走を予定していた【ギベオン(牡、父ディープインパクト)】なんですが、今週の登録はなし。実はトモのあたりに疲れが出たため、回避したとのことです。大きな故障などではありませんが、回復具合を見ながら、今後は決めるようです。ステファノスの全妹で、クイーンCを目指している【フィニフティ(牝、父ディープインパクト)】についても田代助手に話を聞くと、「体が大きいわけじゃないけど、前走はセンスを感じさせる走りだった」とのこと。評価は高そうです。あと、デビュー前の馬の話で特に感触がいいように感じたのが【ダカーポ(牝、父ディープインパクト、母ダルタヤ)】。「今日の坂路はしまいだけスッと反応させたけど12秒2。いい動きだったと思う。素質を感じる」とのことで、今後どのレースに投票するか注目したいですね。

 続いては矢作厩舎の情報を。こちらは週末に詳しい話、デビュー前の馬についてもお知らせします。今日はホープフルSで3着だった【ステイフーリッシュ(牡、父ステイゴールド)】が共同通信杯へ向かうことになりました。鞍上は中谷J。「東京コースは合っていると思う」とのことで、色々と選択肢がありましたが、ここから始動することを決めたようです。あと、フェアリーSで13着の【ジーナスイート(牝、父ステイゴールド)】と紅梅Sで3着の【グリエルマ(牝、父ロードカナロア)】はともにエルフィンSへ向かうようです。あとは週末の更新分にて。

 あとは音無厩舎。朝日杯FSの後は休養している【アサクサゲンキ(牡、父Stormy Atlantic)】はファルコンSで復帰予定とのことで、武豊Jに騎乗依頼をしているといいます。この後はNHKマイルCへ向かうのかと思いましたが、「前走をどう見ても、マイルは長いだろう」とのことで、春は新設重賞の葵Sに照準を定めていくようです。

 あと、昨日に少し触れた【インディチャンプ(牡、父ステイゴールド)】は毎日杯への参戦が決まりました。当初はマイル路線と話していた音無調教師ですが、「あのレースができるなら、距離が延びた時にどうなのかというのも見てみたい」と参戦の理由を説明します。実は万が一、ここで距離が長いという結論に達したとしても、実は今年から毎日杯から中2週、つまりは皐月賞と同じ時期にマイルのアーリントンCが移設しているのです。ということで、挑戦の価値がある一戦と判断したんじゃないでしょうか。とにかく、高い能力を相当に買っているのは事実。順調に初の重賞挑戦を迎えてほしいものです。

 今日はここまで、また明日です。ではでは

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)