馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都

色々と当たります(栗東)

2018年2月10日15時50分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。今日も梅田の会社でございます。淀には行っておりませんが、画面で競馬を見つつ、そろそろパッチパチといきますか。

 さて、昨夜のこと。仕事が終わった後、三宮(神戸の繁華街)へ足を運びました。いつものように一人でブラッとではなく、S社のHさん(飲み仲間のKクンの大先輩です)に誘われたため。というのも、Hさんが最近仲良くなった知り合いの方のBARに、競馬好きの女性の方が働いているという。どんな方なのか飲みに行かへんか? と言われたのです。

 で、ドアを開けた瞬間でした。「ヤマタケさんじゃないですか?」とカウンターの中の女性から声をかけられ、「そうですが…」と返すと、「報知で見てますよ!」とうれしいお返事。実はその女性が先ほど書いた競馬好きの方だったんですが、写真を撮ったりしつつ、メッチャ盛り上がってくれるんですよ。競馬場などで声をかけられることはたまにあるんですけど、これだけ喜ばれたのは恐らく初めて。基本的には生粋のお調子者。気分が悪いはずはありません。

 ちなみに、その方は競馬を始めて3年ほど。「穴党なんですけど、去年は秋が不調で…。春はキョウヘイ(シンザン記念)やレーヌミノル(桜花賞)をとったんですけど…」。シンザン記念や桜花賞を当てるって、普通にワタクシより競馬センスが高い…。それなのに報知新聞を読んでくれてるとは、ありがたい読者です。まっ、知り合ったのも何かの縁ですから、今後も本紙を手にとっていただければと思います。

 ちなみにこのお店、当ブログではお馴染みの、三宮のいつものBARから歩いて数分ほど。世間って狭いです。ということで、そろそろ本題へ。明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 京都では6Rが新馬戦。池江厩舎からは【サトノゲイル(牡、父ディープインパクト、母フィリス)】が登場します。ただ、池江調教師は「現状で強調材料まではないので、これから見つけていきたい」と少し慎重。調教の動き自体は決して悪くないと思いますけどね。取材の感触でいえば、当ブログで何度か取り上げている音無厩舎の【アメリカンエース(牡、父Tale of the Cat)】に、河内調教師が「追ってからの動きがいい」と期待する【パクスディオラム(牡、父ロードカナロア)】あたりでしょうかね。

 この新馬と同じ1800メートルで行われるのが東京メインの共同通信杯。主役は野中厩舎の【グレイル(牡、父ハーツクライ)】でしょう。この馬については木曜の紙面でたっぷりと書いたので、重複は避けますが、ここから皐月賞、ダービーへ向かうローテーション。初めての東京コースで“本番”へのメドを立てたいところでしょうね。あと、3戦目になる矢作厩舎の【ステイフーリッシュ(牡、父ステイゴールド)】のレースぶりも気になります。少し力む面があるらしいので、道中の折り合い面に注目しておきたいところです。

 さて、昨日に友道厩舎と池江厩舎の激突もの、さらに先週は牡馬戦線で思うところを書きましたが、今日は細かな次走予定について、思いつくままに書いていきたいと思います。まずは来週のフリージア賞は栗東から松永幹厩舎の【アシュリン(牝、父マンハッタンカフェ)】が参戦。ここは堀厩舎の【ブレステイキング(牡、父ディープインパクト)】が注目を集めそうですね。同じ日のつばき賞は昨日書いシルヴァンシャーとユーキャンスマイルの他に、藤原英厩舎で母にラストグルーヴを持つ【リシュブール(牡、父キングカメハメハ)】に、関東からサダムパテックの弟になる【ダークナイトムーン(牡、父ディープインパクト)】がやって来るとのこと。ここは結構、熱いです。

 翌週の中山牝馬限定、芝1800メートルの平場500万には角居厩舎の【エアシンフォニー(牝、父ルーラーシップ)】が出走予定と書きましたが、木村厩舎の【ミカリーニョ(牝、父ハーツクライ)】も登場しそうですね。同じ週の阪神ではすみれS。当ブログで書いたところではラストウィークの目野調教師が送り出す【ケイティクレバー(牡、父ハービンジャー)】に、池江厩舎の【キタノコマンドール(牡、父ディープインパクト)】。そして、音無厩舎の【シエラネバダ(牡、父ディープインパクト)】でしょ。さらに、橋田厩舎の【スズカテイオー(牡、父ディープインパクト)】も出走を予定しています。

 昨日書いたゆきやなぎ賞はエタリオウとヴェルテアシャフトの他に角居厩舎から【サトノワルキューレ(牡、父ディープインパクト)】が出てきます。最後にホープフルSを勝った【タイムフライヤー(牡、父ハーツクライ)】が出走する若葉Sには高橋忠厩舎の【マイハートビート(牡、父ゼンノロブロイ)】と友道厩舎の【ジュンヴァルロ(牡、父New Aproach)】も参戦予定です。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

京都10R・7アドマイヤロブソン(友道調教師は「ハンデが見込まれた」と首をかしげるが、今年の飛躍を非常に期待している馬。勝って、阪神大賞典などの長距離重賞に名乗りを挙げたい)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

京都8R・5マテラリードル(前走は結構なペースで逃げて、差し競馬を演出。楽に先行なら怖い)

京都9R・1レッドリボン(前走は窮屈になり、脚を余す形。スムーズにさばけば巻き返しは可能)

京都11R・4クリンチャー(乗り込み十分で好仕上がり。何より、この馬向きの馬場)

 今日はここまで。3日間開催で明日もございます。ではでは

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)