馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 阪神 函館

伏兵も多士済々(美浦)

2018年2月25日20時22分  スポーツ報知 Link

 こんばんは、川上です。本日は仕事終わりの中山競馬場からパッチパチといきましょう。

 中山記念は◎サクラアンプルールが直線で伸び切れず4着まで…。馬券的には痛恨でしたが、そのあとの12R後の検量室では引退調教師の方々の記念撮影会がありました。フトシ先生をはじめ、引退される先生の周りにはたくさんの人が集まって、とても暖かい雰囲気。心が洗われました…。

 引退される方々の記事は明日の紙面のほうを見て頂くとしまして、本日は我が社杯、弥生賞の最終的な登録馬も発表されました。

 もともと出走表明していた【ダノンプレミアム(牡、父ディープインパクト)】(中内田厩舎)、【ジャンダルム(牡、父キトゥンズジョイ)】(池江厩舎)、【ワグネリアン(牡、父ディープインパクト)】(友道厩舎)、【サンリヴァル(牡、父ルーラーシップ)】(藤岡厩舎)、【オブセッション(牡、父ディープインパクト)】(藤沢和厩舎)、【リビーリング(牡、父ヴィクトワールピサ)】(萩原厩舎)以外にも、2月4日の東京・ダート1600Mで新馬勝ちを果たした【アサクサスポット(牡、父ワークフォース)】(戸田厩舎)や、2月12日の未勝利戦(東京・芝2400M)で待望の初Vを飾った末脚自慢の【トラストケンシン(牡、父ハーツクライ)】など、11頭が登録を済ませました。“3強”に、ダークホースも複数集まって、より一層見応えがありそうです!

 あと、本日は中山9Rが芝1200Mの黄梅賞でした。こちら、ここまで交流重賞での1勝のみだった【カイザーメランジェ(牡、父サクラオリオン)】が豪快な差し切り勝ち。レース後の中野調教師は「芝でもやれると思ったよ」としてやったりの表情でした。父サクラオリオンの産駒としてもJRA初勝利になりますか。このあとは、ファルコンS(3月17日、中京・芝1400M)に向かいます。

 惜しくも2着だったのは、単勝1・4倍の断然人気だった【ラストプリマドンナ(牝、父ダイワメジャー)】。レース後の戸崎Jは「スローペースでも折り合いは付いていた。手応え通りに伸びているんだけど…」と悔しそうな表情。あと、敗れた組で注目は4着の【キングキングキング(牡、父キングズベスト)】でしょうか。レース後の蛯名Jは「詰まって、進路を切り替えるロスがあった。でも、距離は今回同様、1200Mがいいと思う」と一定の手応えを口にしていましたし、巻き返しに期待したい一頭です。

 最後に一頭だけPOG情報(来週の馬券の参考にも)も。今週の新馬戦を除外になった小島茂厩舎の【プロミネンス(牝、父アイルハヴアナザー、母ヒシアルコル)】がかなりの期待度のようで。祖母にあたるヒシピナクルは99年のローズS覇者で秋華賞3着。小島茂調教師は「脚元が弱くて、入厩できるか分からなかったくらいの馬。坂路でしか調教はできていないけど、跳びが大きくて、乗っている感触としては間違いなくいい。初戦としては結果が出ない可能性もあるけど、あっさりまであるかも」と色気十分でした。こちら、来週にも出走してくれば、要注目かもしれません。

 というわけで、本日は駆け足ですが、このあたりで! ではではまた。

記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)