馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 新潟

桜咲く頃&2歳馬のお話(栗東)

2018年4月7日16時2分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。今日も栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、今朝はコンビニでホウレンソウとニンジンのごま和えなるヘルシーなモノを久々に購入。普通、こういう時のニンジンって短冊切りって言うのかな、細かく切られてるじゃないですか。ところが、今日の商品。全く切られていない大きな、大きなニンジンが一番底に眠っていたのです。恐らく、ベルトコンベアーのカッターゾーンをくぐり抜けてきたんでしょうな。そりゃ、ニンジン好きの方はラッキーってな感じになるでしょうけど、ワタクシにとってはニンジンは苦手な部類の食べ物。口にすることができませんでした。

 これ、四つ葉のクローバーじゃないけど、想定外のレアなモノが入っていたことで、何か幸運なことでも起きるんでしょうかね。それとも、逆に苦手なモノが入っていたということで、運気が下がってしまうのか。今のところ、馬券や仕事の進み具合を考えると、明らかに後者である可能性が非常に高そうですが…。ということで、そろそろ本題へ。

 明日は桜花賞が行われますね。もう紙面で色々と取り上げられてますし、このブログでは気の向くままに思ったことを少々。断然の主役候補、【ラッキーライラック(牝、父オルフェーヴル)】ですけど、この馬は当ブログでデビュー前から取り上げてきましたが、松永幹調教師から状態面に不安があることを1度も聞いたことがない。牝馬では、なかなかないことです。正直、最内枠に関しては気になるところなんですが、前走のチューリップ賞がいい試走になったはずだと信じます。

 本命を打ち切れなかったんですが、気になるのが藤原英厩舎の【フィニフティ(牝、父ディープインパクト)】。クイーンCから桜花賞への直行を決めた後、藤原英調教師が何度も賞金ボーダーを気にするほど、本当に出したい気持ちが感じられたのです。まだ、完成度という点では先だと思いますが、ポテンシャルにはかなりの期待を持っている様子。最後は枠が気になっての★なんですが、勝たれて天を仰ぐシーンがあるかもしれません。

 直前取材でオッと思ったのは高野厩舎の【リバティハイツ(牝、父キングカメハメハ)】かな。「いい頃にようやく戻ってきたなという感じがします」とは高野調教師。その「いい頃」とは昨夏にゲート試験に受かった頃だといいます。もともと、素質を買われていた存在でしたし、まだ伸びしろは大きいはず。ただ、今日の取材の最後に「内回りの1400メートルに替わりますが…」と聞くと、「馬の実力が問われるという意味では外回りのマイルの方が合っていると思います」と手応えが伝わるようなコメント。あまり人気はありませんが、大駆けがあってもいい雰囲気です。

 さて、その高野厩舎の2歳馬情報を。こちらは入厩予定馬の紹介が中心になります。先日の更新分でインディチャンプの下にあたる【アウィルアウェイ(牝、父ジャスタウェイ、母ウィルパワー)】が入ってきたことはお伝えしましたよね。あと、少し前にダノンプレミアムの半妹になる【プレミアムギフト(牝、父オルフェーヴル、母インディアナギャル)】がいることもお伝えしています。

 今日の話の流れでいきますと、フィニフティの下になる【リャスナ(牝、父ディープインパクト、母ココシュニック)】が入ってくるんですよね。上のステファノスを始め、活躍馬の多い一族で注目です。他では厩舎ゆかりの血統馬として、今回は馬主がシルクになった【ボニーゴールド(牝、父ディープインパクト、母キューティゴールド)】ですね。G1を2勝したショウナンパンドラの全妹になります。あと、ファンディーナの半妹になる【クードメイトル(牝、父ヴィクトワールピサ、母ドリームオブジェニー)】も入ってくるようですね。厩舎にいるキラービューティの半妹になる【キラープレゼンス(牝、父ハーツクライ、母キラーグレイシス)】も入厩予定です。

 他には米G12勝馬を母に持つ【プライドランド(牡、父ディープインパクト、母ザズー)】は血統的に注目馬かな。母が重賞勝ち馬で、全兄にテオドールを持つ【マジストラル(牡、父ハービンジャー、母アンブロワーズ)】も注目の一頭。従兄弟にリアルスティールを持つ【ロードアドミラル(牡、父ロードカナロア、母キャサリンオブアラゴン)】もいますね。さらに、【リトミカメンテ(牝、父オルフェーヴル、母カルマート)】や【クレッセントムーン(牡、父ヘニーヒューズ、母スカイクレイバー)】も入ってくる予定です。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

中山9R・2エアシンフォニー(「能力のある馬。中山の千八は一度経験しているので、こなしてくれれば」と辻野助手。2戦目で本領発揮)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

阪神2R・16セルリアンユウガ(中間も相変わらず好時計連発。揉まれない枠で全開か)

阪神4R・10エイシンレーザー(この時期は初出走でも、調教で動いている馬ならとびつきたい。和田Jも好感触をつかむ)

阪神8R・12セネッティ(得意な阪神。フレッシュな時の方が走る)

中山11R・2アレスバローズ(前走は流れに乗りきれず。ひと脚が生きる中山の方が合いそう)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)