馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 新潟

再び銀河系軍団(栗東)

2018年4月12日19時16分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。今日も栗東からのパッチパチなんですが、前半はさぼっていて、申し訳ございません。ということで、今週は日曜日まで4日連続で更新します。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、今日の話題は野球です。海の向こうで大谷選手がえらいことになっています。称賛だけでなく、批判されることもある二刀流ですが、これだけの活躍を見せれば、誰も文句は言わないでしょう。ワタクシだって、今週の月曜日は朝起きて、BSにチャンネルを変えると、5回までパーフェクトで10Kだという。あんなに朝早くからドキドキしながら、テレビを見るなんて、ホントに久しぶりのことです。

 一方、日本に目を移してみますと、これが巨人軍の情けないこと…。こんなに早い時期に勝利の方程式が崩壊しますかね。上原投手はまだしろ、完全に復調したと思っていた沢村投手までボロボロに打たれるとは…。勝ちゲームと思っている試合を立て続けに落とし、何とも後味がよくない。ワタクシに巨人絡みの突っ込みを常に入れる音無調教師が今週は風邪気味で坂路小屋に現れていないことが唯一の救い(笑)。とにかく、まさかの単独最下位ですが、まだ4月なかば。ここからはい上がってほしいものです。

 ということで、そろそろ本題へ。今日は栗東から、まず3歳馬を少しだけ。友道厩舎でアザレア賞を勝った【スーパーフェザー(牡、父ディープインパクト)】は引き続き福永Jとのコンビで青葉賞へ向かうことになりました。ニュージーランドTで1、2着だった【カツジ(牡、父ディープインパクト)】と【ケイアイノーテック(牡、父ディープインパクト)】はNHKマイルCへ。ケイアイは武豊Jと新たにコンビを組みます。

 と、ここで早くも2歳馬情報です。昨日の栗東に池添学厩舎の2頭が入ってきました。コーディエライトの半弟になる【ブルスクーロ(牡、父キンシャサノキセキ、母ダークサファイア)】と、祖母にヤマカツスズランを持つ【ヤマカツマッハ(牡、父ハービンジャー、母ヤマカツオーキッド)】です。あと、坂口正厩舎にはすでに入厩ずみの【リネンリボン(牝、父キンシャサノキセキ、母ヴィアレッタ)】に続き、本日は【ゴールドウエイ(牝、父ルーラーシップ、母キセキノハナ)】も入ってきています。

 本日は3月30日付けに続き、池江厩舎の第2弾といきましょうか。まずは金子真人HDの馬から。宝塚記念、天皇賞・秋とG12勝を挙げたラブリーデイの全弟、【ボッケリーニ(牡、父キングカメハメハ、母ポップコーンジャズ)】です。「ラブリーデイとはタイプが違って、母父のダンスインザダークが出たのか、薄手てスラッとしています。ラブリーより距離がもちそうですね」と池江調教師。7月あたりに栗東へ連れてくるプランがあります。続いては現3歳のアイスバブルの全妹で、叔父にマウントロブソンを持つ【レースガーデン(牝、父ディープインパクト、母ウィンターコスモス)】ですかね。「もちろん、クラシックを狙いたい。仕上がりに手間取るタイプではなく、9月頃デビューの予定です」とのことです。

 さて、サンデーRから。【プランドラー(牡、父ディープインパクト、母プラウドスペル)】は母がケンタッキーオークス馬という良血。「これはいいね」と歯切れのいい口調で切り出した後、「4月上旬にはしがらきに入って、できれば中京の2000メートルでデビューさせたい」とイメージします。馬体は中肉中背で、牧場では乗り手が絶賛しているとのこと。注目の1頭です。

 【アヴァターラ(牡、父ロードカナロア、母マトゥラー)】は叔父にオルフェーヴルやドリームジャーニーを持ちます。「マトゥラーの子供では抜けて大きい。現在548キロです。カナロアだから、スピードはあると思う」。こちらは秋以降の始動となりそうです。あとは【オーロトラジェ(牝、父オルフェーヴル、母ミュージカルウェイ)】かな。こちらは2冠牝馬、ミッキークイーンの半妹です。「馬体はミッキーと同じぐらいになりそう。毛色は栗毛だけど、似ていますよ。走らせてよさそうなタイプ」と話します。デビューは9月あたりを予定していて、姉よりは早く初陣を迎えられそうです。

 他にも「晩成タイプかもしれないけど、芝の中長距離が合いそう」な【アテンポラル(牡、父ハーツクライ、母タンタスエルテ)】は半兄にG2勝ちのあるタンタアレグリアを持ちます。ノースヒルズ系では「クラシックを目指すことになりそう。秋以降になると思う」と話す【アイトマコト(牡、父ディープインパクト、母ラヴェリータ)】も血統的には注目なんですが、「ハーツがよく出ている、きれいな体形」と話す【シュリ(牡、父ハーツクライ、母エーゲリア)】も取材の感触はよかったですね。こちらはグレイトチャーターの半弟になります。

 ということで、今日も5頭いるFrankel産駒まで到達できず。これは恐らくPART3にて触れたいと思います。今日はここまで、また明日です。ではでは

  • 楽天SocialNewsに投稿!
記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)