馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都

2018―19栗東ヤマタケVS美浦川上ドラフト対談・第3回(美浦)

2018年5月17日13時46分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、川上です。

 昨日、今日の美浦は、調教開始の6時すぎから既に夏のような暑さ…。トレセンの取材中には「暖かくなって馬が絞れてきた」なんて言葉をしばしば聞く季節になりましたが、運動不足で太め残り気味の当方にも好影響を願いつつ…の更新であります。というわけで14、15日更新分に続いて、「2018―19ドラフト対談」の第3回目をお届けしましょう。最終回の今日は牡馬部門。栗東・ヤマタケ&美浦・川上が散々悩んで選び抜いたメンバーになりました! なお、当ブログと紙面の連動企画として、来週21日付けの本紙競馬面から、再びブログを飛び出して、紙面のほうでヤマタケ先輩とPOGをおおいに語っていく予定になっております(こちらは“速攻系”に寄せたチョイスです!) ぜひそちらの方も参考にして頂ければと思いますので、よろしくお付き合いください! ではでは、牡馬編をどうぞ!

 川上(以下、川)「前回は牝馬部門でおおいに語り合いました。ちまたでは『ふたりとも随分置きに行ってる』なんて声もチラホラと…(笑い) 本日はいよいよ全3回のオーラス、牡馬部門です!」

 ヤマタケ(以下、ヤ)「俺はこう見えても、POGに関しては意外と王道派やで! 牡馬1位は【フランクリン(牡、父ディープインパクト、母ロベルタ、栗東・音無)】で」

 川「めっちゃ王道じゃないですか! 現在2勝のフランツの全弟ですね。そういえば、お兄ちゃんも指名してたような…」

 ヤ「ワタクシ、執念深い人間でして…(笑い)ノーザンファーム生産、近藤オーナー、音無厩舎のタッグは全く一緒。『(この産駒は)子供を産むたびに良くなっていく』という音無調教師の言葉に期待しとるわ。だいたい、君もベタやん」

 川「【シークレットアイズ(牡、父ディープインパクト、母ジョリージョコンド、美浦・藤沢)】を1位指名で! こっちはファストアプローチの半弟ですね。お兄さんのときから藤沢先生が「僕がずっと探していた牝系で(山本英俊)オーナーも期待して連れてきた血統」と口にしていたジョリージョコンドの子。今年は父がディープインパクトに変わって距離の融通性もアップしそう。NF空港牧場の取材でも「いかにもこの産駒らしい馬。キャンターから跳ねる感じでゴムのような走り」と高評価でしたよ」

 ヤ「また、ディープかい!って突っ込もうと思ったけど、俺もやった…。2番手は【サトノソロモン(牡、父ディープインパクト、母イルーシヴウェーヴ、栗東・池江)】」

 川「16年のセレクトセールで2億8000万円の落札額だった、あの馬ですか」

 ヤ「そそ。【プランドラー(牡、父ディープインパクト、母プラウドスペル、栗東・池江)】とめっちゃ迷ったんやけどな~」

 川「金に目がくらみましたか…」

 ヤ「人聞き悪いなぁ。でも、さすがこの値段が付いた馬だけあって、厩舎の評判もすこぶる上々。大活躍に期待しとるで」

 川「僕は【シュヴァルツリーゼ(牡、父ハーツクライ、母ソベラニア、美浦・堀)】が2番手。操縦性の高さが牧場でも評判でしたし、当然、クラシックディスタンスでの活躍に期待です!」

 ヤ「俺の3番手は【ホウオウライジン(牡、父キングカメハメハ、母ガールオンファイア、栗東・矢作)】や」

 川「また、値段の高い馬…。17年のセレクトセールで1億8000万円だった馬ですよね?」

 ヤ「POGは意外と王道派って言ったやろ? そんでも誰かさんと違って、種牡馬を分散させてるところは評価してほしいわ~。そもそも君の3番手は流行を意識してるのが見え見えやん」

 川「DMMドリームクラブの【ドリームインパクト(牡、父ディープインパクト、母タミーン、美浦・国枝)】ですね。キタノコマンドールの躍進に影響されたのもなくはないですが…それだけじゃないですよ! 野本代表に聞くところによると、アーモンドアイで桜花賞を制した日の夜、国枝調教師から『来年のダービーはこの馬で』と連絡が来たんだとか」

 ヤ「それだけ期待されとるんやな。DMM初年度の活躍は想像以上やったし、勢いは魅力的や。俺の4番手は【イニティウム(牡、父ハーツクライ、母ゴールデンドックエー、栗東・須貝)】」

 川「アルバートドックの半弟っすね。お父さんがディープからハーツに変わりましたが?」

 ヤ「新種牡馬になったジャスタウェイをはじめ、須貝厩舎といえばハーツクライ産駒! ノウハウを知っているところに期待してる。君の4番手はちょっと面白いところ来たね」

 川「お母さん譲りの芦毛が光る、【カイザースクルーン(牡、父ルーラーシップ、母アイスフォーリス、美浦・相沢)】です。こちらタイムリーなことに昨日16日に美浦トレセンに入厩したんですよ。母は12年のオークス3着馬で、厩舎ゆかりの血統。相沢調教師も「これはいいぞ」と早くからオススメしてくれましたし、楽しみです!」

 ヤ「いよいよお互いのオーラスか。最後の最後に新種牡馬の産駒、【マイディアライフ(牡、父ジャスタウェイ、母ペルヴィアンリリー、栗東・高橋忠)】を投入や」

 川「牝馬編でもなかなか好評価(前回15日分の当ブログを参照)だったジャスタウェイの産駒ですね!」

 ヤ「これはノーザンファームでの評価もめっちゃ高いみたいだし、面白いと思うわ。って君のラストは、ヘニーヒューズ産駒かいな」

 川「芝のG1勝ち(13年朝日杯FS=アジアエクスプレス)だっていますし、侮ることなかれ。【ドンヒューズ(牡、父ヘニーヒューズ、母ヒアーズトウショウ、美浦・鹿戸)】がダークホース候補です!」

 ヤ「最後の最後に振り回してきたな~」

 川「昨年のセレクトセールで鹿戸調教師自ら、選んで買ってもらった一頭だそう。『早い時期から使って行けそうだし、意外と芝っぽいんだよね』とセンセイもかなり力が入っている様子でしたし、想像以上の躍進があるかも!」

 ヤ「ほんまかいな。とにかく、お互い来年のクラシックシーズンを寂しく迎えていないことだけを願ってるわ~」

 川「2018―19シーズン、どうぞよろしくお願いします!」

【指名した牡馬5頭まとめ】

●ヤマタケ
1位・フランクリン(牡、父ディープインパクト、母ロベルタ、栗東・音無)
2位・サトノソロモン(牡、父ディープインパクト、母イルーシブウェーヴ、栗東・池江)
3位・ホウオウライジン(牡、父キングカメハメハ、母ガールオンファイア、栗東・矢作)
4位・イニティウム(牡、父ハーツクライ、母ゴールデンドックエー、栗東・須貝)
5位・マイディアライフ(牡、父ジャスタウェイ、母ペルヴィアンリリー、栗東・高橋忠)

●川上
1位・シークレットアイズ(牡、父ディープインパクト、母ジョリージョコンド、美浦・藤沢和)
2位・シュヴァルツリーゼ(牡、父ハーツクライ、母ソベラニア、美浦・堀)
3位・ドリームインパクト(牡、父ディープインパクト、母タミーン、美浦・国枝)
4位・カイザースクルーン(牡、父ルーラーシップ、母アイスフォーリス、美浦・相沢)
5位・ドンヒューズ(牡、父ヘニーヒューズ、母ヒアーズトウショウ、美浦・鹿戸)

 「馬トクPOGプリント」を全国主要コンビニのマルチコピー機で発売中! 社台グループの牧場で育成された2歳馬たちのスタッフコメント、血統を含めたプロフィルなどの情報が全部で157頭分詰め込まれたプリントです。詳細はこちら

記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)