馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 阪神 函館

驚きました(栗東)

2018年5月19日16時19分  スポーツ報知 Link

 こんにちは、山本です。今日も予告通り、栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、最近の当社HPで、ワタクシが非常に大好きなプロレス、格闘技系の情報が非常に充実しているんです。つい先日まで、皆さんもバラエティー番組などで見ることも多い武藤敬司選手のレスラー人生を振り返る連載を30回もやっていて、一気に読破(内容もよかった!)。正直、これまで我が社はそっち系の情報では遅れている方だと勝手に思っていたんですが、国内だけでなく、海外のプロレスなんてフォローしてるじゃありませんか。素晴らしい! 

 そうそう、つい最近、プロレス記者経験のある方と少し話したんですよね。もともと20年前は、競馬記者かプロレス記者という王道から外れた分野を希望していたワタクシ。話している時、憧れ&羨望の眼差しだったはずです、いい年をして。今の仕事に満足しておりますが、格闘技系の報道強化で記者が足りないから…、なんて言われたら、少し気持ちが揺れちゃうのかな、う~ん…。

 ということで、ホントに競馬記者から外されては困るので、少しは競馬の話題を。先日のカワカミ君との対談で触れましたが、明後日の紙面から再びカワカミ記者としゃべります。しかも、3日も続けてなんです。今回は主に速攻系にスポットを当てた対談の予定(実はまだ話してませんが…)。当ブログの読者の方には「おさらい」のような形になるかもしれませんが、ダービーウィークの片隅で、のんびりといつものようにやらせていただきますのでお楽しみに。では、珍しく自社の宣伝で前振りを埋めたところで、そろそろ本題へ。

 今日は先日のカワカミ君との対談、PART3の補足から。須貝厩舎は3位に【イニティウム(牡、父ハーツクライ、母ゴールデンドックエー)】を指名したんですけど、今年は本来、須貝厩舎=ジャスタウェイ産駒なんですよ。ただ、そのジャスタウェイを始め、須貝厩舎って早めに入って、トレーナーからいい手応えを感じた馬が素直に結構走るかなって感じなんですよね。ゴールドシップも、ローブティサージュ、レッドリヴェールなんかも、そんな感じ。で、今年はまだ入厩頭数が少ないんですが、イニティウムはオッと思えるような雰囲気が伝わってきたので、ランクインさせた次第となりました。

 その代わりと言うわけではないんですが、高橋忠厩舎から【マイディアライフ(牡、父ジャスタウェイ、母ペルヴィアンリリー)】を入れてみました。高橋忠調教師のかなりの感触に惹かれたこと、さらに高橋忠厩舎って比較的、2歳の始動が遅いイメージがあったんですけど、夏あたりという具体的な始動プランも聞けたことが大きな要因だったんですけど、何と今週17日、栗東に入ってきてるじゃありませんか。正直、こちらの予想をはるかに上回る始動にちょっとびっくり。また、話を聞いておかないといけません。

 で、1位に選んだのが音無厩舎の【フランクリン(牡、父ディープインパクト、母ロベルタ)】。この指名理由については対談にも書きましたが、ワタクシって熱しやすく冷めやすいだけではなく、一途な面もあったりするのです。まぁ、そんなどーでもいい前振りは置いといて、こちらも情報を少しアップデートしときましょうか。以前に書いたように、近藤英子オーナーといえばカンパニーなどに代表されるように、愛馬を大事に、ゆっくりと育てていく方針。2歳馬も早くて秋の阪神始動かな、というイメージです。ところが、今年のフランクリンは「来週、栗東に入ってくるよ」と音無調教師は言うのです。当然、ゲート試験が当面の目標になるんですが、音無厩舎=近藤オーナーのラインの馬で、5月に入厩するということ自体、あまり記憶にない。今年のフランツにもっと時間があればという気持ちが働いているのかもしれませんし、何よりも順調に育成が進んでいるということの証し。これは楽しみになってきました。

 最後に旬と言えばジュールポレールでヴィクトリアMを勝った西園厩舎ですが、2歳馬では期待の大きい【アスカリ(牡、父キングカメハメハ、母フィロンルージュ)】が入ってきております。馬主はKTレーシングさん。「筋肉の鎧をまとっているような体つきで、調教もどんどん進めていきます。阪神の(芝)1600~1800メートルあたりを目標にしたいね」と西園調教師は意欲十分。血統的にダートに傾く可能性はありますが、速攻系としての魅力を感じさせる1頭ではあります。

 ということで、ネット限定「厳選馬」でございます。

京都10R・5コマビショウ(前走はハイレベルのメンバー構成で厳しい競馬。調教に乗った浜中Jも素質を感じており、順当Vか)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

京都1R・8スピリットワンベル(距離短縮がプラスに働きそう。前、前の積極的な立ち回りで)

京都7R・4サンライズサーカス(ハナがベスト。有力馬たちが牽制しあい、先行利が生きる)

東京9R・3キャンディストーム(能力は十分に通用。体質が強いわけではなく、フレッシュな時が狙い目)

 今日は少なめの3頭。また、次回です。ではでは

 「馬トクPOGプリント」を全国主要コンビニのマルチコピー機で発売中! 社台グループの牧場で育成された2歳馬たちのスタッフコメント、血統を含めたプロフィルなどの情報が全部で157頭分詰め込まれたプリントです。詳細はこちら

記事一覧
今日のスポーツ報知(東京版)