【香港マイル】ロゴタイプが国内最終追い切りで上々の動き 田中剛師「とても順調」

2016年11月30日14時20分  スポーツ報知
  • 香港国際競争に向け、調整を行ったロゴタイプ

 ◆香港マイル・国内最終追い切り(30日・美浦トレセン)

 12月11日に行われる香港国際競走の香港マイル・G1(シャティン競馬場、芝1600メートル)に出走するロゴタイプが30日、美浦トレセンで国内最終追い切りを行った。

 田中剛調教師自らまたがり、ウッドチップコースで単走。直線ではムチがバシバシ入り、かなり強めに追われて上々の動きを見せた。「先週スーッとやったので、今日はしまいだけ。ゴールした後も1コーナーまでスピードを落とさず走っていた。とても順調。タフな馬ですね」と田中剛調教師は笑顔を見せた。

 海外遠征は2014年のドバイデューティフリー(6着)以来2度目。「リベンジしたいですね。当時と比べると馬は心身ともに大人になった」とトレーナーは成長に目を細めた。前走の天皇賞・秋は5着と力を見せ、「安田記念(1着)、天皇賞と直線の長い東京コースで好走できたのは収穫だった。海外のメンバーは未知ですが、今回も早め先頭か逃げ切りで、またG1を勝ちたい」と意気込んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR

【香港国際競走】出走表

コーナー通過順に予想オッズ、一頭ごとの詳細なレース評など馬券作戦に不可欠な要素が満載です。

前のページ | 次のページ
今日のスポーツ報知(東京版)