馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神

【韓国G1・コリアC】岩田騎手、ロンドンタウンで4馬身差圧勝!韓国での初騎乗初勝利決めた

2017年9月11日6時0分  スポーツ報知
  • 危なげなく逃げ切ったロンドンタウン

 ◆コリアC・韓国G1(韓国・ソウル競馬場、ダート1800メートル)

 韓国国際競走が10日、韓国・ソウル競馬場で行われた。武豊騎手(48)=栗東・フリー=はコリアスプリント・韓国G1(ダート1200メートル)をグレイスフルリープで快勝し、海外通算勝利数を114に伸ばした。続くコリアC・韓国G1(ダート1800メートル)は、岩田康誠騎手(43)=栗東・フリー=がロンドンタウンで4馬身差の逃げ切り勝ち。昨年覇者クリソライト(武豊)が2着に続き、日本馬のワンツー決着。両騎手ともにG1で、韓国での初騎乗初勝利を決めた。

 独走VでG1初制覇だ。海外初挑戦のロンドンタウンは、岩田を背に4馬身差の逃げ切り勝ち。日本馬のワンツー決着となった一戦を鮮やかに制した。

 前走のエルムSに続くレコードVだ。勢い十分の4歳馬は異国の地でも能力全開。大外枠でも好スタートを決めると、新馬戦以来のハナへ。直線では食い下がるクリソライトを力で引き離した。「スタートが良かったので迷わず先行した。思ったより楽に勝てた」と岩田。海外でG1初制覇となった牧田調教師も「安心して見られた。本当に力をつけています」と目尻を下げた。

 岩田は昨年11月の米G3・レッドカーペットH(ヌーヴォレコルト)以来の海外Vで、G1は06年メルボルンC(デルタブルース)、12、13年香港スプリント(ロードカナロア)に続く4勝目。前日は紫苑S(ディアドラ)を制し、土日で日韓重賞Vのおまけ付きだ。絶好調の鞍上から今週も目が離せそうにない。

 ◆韓国G1 コリアスプリントは、JRAにおける負担重量、出走馬決定賞金算出の際にG2として扱われる。また、コリアCは国際的に格付けのない競走のため、外国の重賞競走として取り扱わない。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
PR
前のページ | 次のページ
今日のスポーツ報知(東京版)