報知新聞社 小史

明治 報知新聞社
スポーツ・文化
5年
(1872)
「郵便報知新聞」創刊。木版刷り半紙二つ折り9枚つづり。月5回発行で定価3銭
大相撲の女性、子供の見物が自由となる
6年
(1873)
活字印刷で日刊紙となる。発行2000部
開成学校で体操を天覧
10年
(1877)
西南の役起こり、犬養毅記者(後の首相)の「戦地直報」が人気
 
27年
(1894)
題字から「郵便」が消え「報知新聞」となる
下富坂に柔道の本山、講道館道場落成
30年
(1897)
編集局に「探偵部」を新設。現在の社会部の元祖
初のスポーツ雑誌「運動界」創刊
31年
(1898)
案内広告の先駆け「職業案内」欄創設。この欄の校正係り募集を見て羽仁もと子が入社、後に日本の婦人記者第1号となる
大阪歌舞伎座開場
初の軟式テニス試合、高等師範と高等商業学校の間で行われる
34年
(1901)
正月版に「20世紀の予言」を掲載。テレビや電化、自動車時代の到来など、数々の予言的中
慶応義塾対横浜外国人の初の国際ラグビー試合行われる
39年
(1906)
夕刊を本格的に発行。朝・夕刊8ページ。
帝国大学運動会で、藤井実が棒高跳び2m90cmの世界新記
大正 報知新聞社
スポーツ・文化
9年
(1920)
「東京-箱根間往復大学専門学校対抗駅伝競走」を創設。現在の「箱根駅伝」がスタート
第1回少年野球大会、鳴尾で開催
11年
(1922)
有楽町に近代的社屋完成
第1回全日本庭球選手権大会
12年
(1923)
関東大震災に有楽町社屋無事。当日の9月1日に手刷り号外発行。週刊「写真報知」「震災報知」を発行
東京の力士会が養老年金引き上げを要求して争議。上野の旅館に籠城。競馬法公布。馬券発売許可
昭和 報知新聞社
スポーツ・文化
5年
(1930)
「日曜報知」、翌年「婦人子供報知」を発行
東京劇場開場式
第1回全日本柔道選手権大会
17年
(1942)
新聞統合令で読売新聞と合併、「読売報知」となる
第1回芸術院賞授賞式。小磯良平、高村光太郎、川田順が受賞
21年
(1946)
夕刊紙「新報知」として復刊
第1回国民体育大会秋季大会
23年
(1948)
題字を「報知新聞」に戻す
プロ野球初ナイター
24年
(1949)
12月30日から朝刊のスポーツ紙となる
プロ野球「セ」「パ」2リーグに
26年
(1951)
題字がヨコになる
巨人、日本シリーズ初優勝
28年
(1953)
月刊雑誌「Golf」創刊。「舞踊華扇会」を創始
山田敬蔵がボストン・マラソン優勝
33年
(1958)
「報知・年間最優秀力士賞」制定
大相撲初の名古屋本場所。年6場所制となる
35年
(1960)
報知印刷株式会社を設立
栃錦引退、栃若時代終わる
38年
(1963)
「ゴルフ日本シリーズ」を創設
大鵬、初の6場所連続優勝
39年
(1964)
大阪本社から関西版第1号を発行。
中央競馬に「報知杯弥生賞」を制定。
東京本社を千代田区平河町に移す。
10月11日付で紙齢3万号
11月26日付1面で「長嶋婚約」をスクープ
巨人軍王貞治、シーズン本塁打。55本の日本新記録樹立
東京オリンピック開催。日本選手410人参加。女子バレー、体操、柔道など16種目に優勝
42年
(1967)
「青梅報知マラソン」誕生。市民マラソン第1号
藤猛がボクシング世界ジュニアウエルター級チャンピオンに
47年
(1972)
創刊100年を迎える
札幌冬季オリンピック開催
50年
(1975)
大阪本社が大淀区本庄西へ移転
パ・リーグが指名打者制導入
51年
(1976)
「月刊ジャイアンツ」創刊
「報知プロスポーツ大賞」「報知映画賞」制定
王715号本塁打、ベーブ・ルースを超える
53年
(1978)
季刊「高校野球」創刊
西武ライオンズ誕生
54年
(1979)
名古屋で「報知スポーツ」発刊
 
57年
(1982)
長嶋監督本紙客員に
北の湖、最多の873勝
62年
(1987)
新聞制作CTS本格化
石原裕次郎死去
64年
(1989)
 
昭和天皇崩御
平成 報知新聞社
スポーツ・文化
2年
(1990)
港区港南に東京本社新社屋完成。紙面の完全カラー化達成
礼宮さま、紀子さまご結婚
谷口浩美がロッテルダム・マラソンで初優勝
4年
(1992)
9月2日付けで紙齢4万号
 
8年
(1996)
インターネット・ホームページを開設
アトランタ五輪開催
巨人11.5差を大逆転「乱セ制す」
10年
(1998)
 
長野冬季五輪開催
11年
(1999)
球界の社会貢献活動優秀者を表彰する「ゴールデンスピリット賞」創設
巨人上原ルーキー20勝
12年
(2000)
「iモード」など携帯電話への情報提供サービスを開始
巨人6年ぶり日本一
高橋尚子シドニー五輪女子マラソン「金」
13年
(2001)
報知印刷社と合併
巨人長嶋監督勇退
20年
(2008)
大阪本社移転(大阪市野崎町)
巨人13ゲーム差を逆転してリーグV2
24年
(2012)
創刊140周年
ロンドン五輪開催
25年
(2013)
女性と趣味人をターゲットにした新紙面「L」がスタート
男子ゴルフの松山英樹がシーズン4勝、2億円越えでツアー初のルーキー賞金王を戴冠
26年
(2014)
「妖怪ウォッチ」特別号が発売され、特別号では過去最高の部数を獲得
ソチ五輪のフィギュアスケート男子シングルで、ショートプログラムで史上最高点となる101.45点をマークした羽生結弦が金メダルを獲得
28年
(2016)
野球、スポーツ、芸能、社会各ページの活字が一回り大きい「巨(メガ)文字」スタート
巨人・高橋由伸新監督が1年目の指揮
29年
(2017)
創刊145周年
3月にWBC開催