4月13日に国立劇場小劇場で「報知端唄鑑賞会」

2017年3月13日10時30分  スポーツ報知
  • (左から)本條秀祐、家元・本條秀太郎、本條秀五郎

 端唄は江戸時代から庶民に愛され、バチを使った三味線に合わせて歌う流行歌です。

 報知新聞社主催の「報知端唄鑑賞会」は第一線で活躍する各流派の家元、幹部らが出演し、粋なノドを披露する斯界のオールスター戦ともいえます。

 ぜひ、この機会に伝統芸能をお楽しみください。

 日時:4月13日(木)

    午前11時開演(午前10時30分開場)

    午後6時終演予定

 会場:国立劇場小劇場(東京都千代田区隼町4-1)

    電話03ー3265ー7411(代表)

 入場料:2,500円(全席自由席)

 ★ご購入はこちらから

 【出演流派】青葉、浅井、江戸小歌、三味線豊臣、新水、千本、富樫、永野、端唄根岸、花季、藤本、本條、雅、若宮(五十音順)の14流派から約63番を予定

 【お問い合わせ】報知新聞社事業部 電話03ー5479-1383(平日10時~18時)

 【会場へのアクセス】

◇地下鉄をご利用の場合

 半蔵門線/半蔵門駅 下車 1番出口から徒歩約5分

 有楽町線/半蔵門線/南北線 永田町駅 下車4番出口から徒歩約8分

◇バスをご利用の場合

 都営バス 都03(晴海埠頭─四谷駅)

      宿75(新宿駅西口─三宅坂)

      三宅坂下車 徒歩約1分

◇お車をご利用の場合

 駐車場 終演まで普通車500円/バス1,200円

  • 楽天SocialNewsに投稿!
お知らせ
今日のスポーツ報知(東京版)