南野、ハリル日本に初招集へ オマーン・イラン遠征の候補に

2015年9月26日6時0分  スポーツ報知

 MF南野拓実(20)=ザルツブルク=が10月のオマーン・イラン遠征で、ハリル・ジャパンに初招集される可能性が出てきた。日本協会関係者が25日、同遠征の招集候補に入っていることを認めた。招集されればブラジルW杯前、国内組を対象に行われた14年4月の代表候補合宿に呼ばれたことはあるが、国際Aマッチを前提とする招集は初めてだ。

 これまで「バックアップメンバー」に入っていたが、バヒド・ハリルホジッチ監督(63)は正式なメンバーとしての招集を検討しているという。9月のW杯予選に招集されたFW永井謙佑(26)=名古屋=が負傷。前線の枠が1つ空く上、今遠征ではW杯アジア2次予選、シリア戦(10月8日・オマーン)の後に、親善試合のイラン戦(10月13日・テヘラン)が組まれており、新戦力を試しやすい環境でもある。

 南野は今季、オーストリア1部のザルツブルクで主に右MFとして8戦で5得点を記録。得点ランクで2位につけるなど結果を残している。最大の武器はドリブル突破とハードワーク。ハリル・ジャパンが必要とする要素を兼ね備える若手だ。指揮官はFW武藤(マインツ)と同じ左FWとして、構想に入れているという。

 メンバー発表は10月1日。前任のザッケローニ監督も、当時19歳だった南野を、ブラジルW杯メンバー入りさせるか最後まで「悩んだ」という逸材。日の丸を背負う日も近づいてきている。

 ◆南野 拓実(みなみの・たくみ)1995年1月16日、大阪・泉佐野市生まれ。20歳。C大阪の下部組織から2012年にトップチーム・デビュー。今年1月にオーストリア1部ザルツブルクに完全移籍した。年代別代表で各大会に出場。11年U―17W杯は準々決勝に進出。昨年のAFC・U―19選手権は自身のPK失敗で準々決勝敗退し、U―20W杯出場を逃した。174センチ、67キロ。

SAMURAI BLUE
  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)