【U23】浅野、決勝Tへの道を切り裂く「出たくてうずうず」

2016年1月15日6時0分  スポーツ報知

 6大会連続10度目の本大会出場を目指す1次リーグB組の日本は14日、ドーハ市内でタイとの第2戦に向けて約1時間、調整した。中2日の次戦はターンオーバーで先発陣の変更が予想され、FW浅野拓磨(21)=広島=の出場が濃厚。50メートル5秒9の快足を武器に課題の得点力不足を解消する。13日の初戦は北朝鮮に1―0で白星発進。タイに勝てばB組2位以上が決まり、決勝トーナメント(T)進出が確定する。

 切り札だ。初戦の辛勝から一夜明け、出場機会がなかったFW浅野やMF井手口らはミニゲームやPK練習などで調整した。手倉森誠監督(48)の取材対応はなかったが、中2日の過密日程を踏まえ、タイ戦では大幅なメンバー変更が予想される。練習でオナイウと2トップを組んだ浅野は「早く出たくて、うずうずしている」と決勝T出場が懸かる大一番へ、意気込みを示した。

 北朝鮮戦は豊川や矢島ら攻撃的な選手が途中起用されたにもかかわらず、浅野の出番はなかった。しかし、指揮官は「他国に見せたくなかった」と決勝T3位以上による五輪切符獲得を見据え、温存したと明かした。格下のタイには、14年12月の東南アジア遠征中に2―0で快勝。「あの時はチャンスを決め切れなかった。リベンジしたい」と21歳は名誉挽回に燃えている。

 広島の“顔”として成長した。50メートル5秒9の快足を武器に、昨季のJ1は途中出場だけで8得点。優勝への貢献が認められ、プロ4年目の今季は背番号10が決定。元日本代表FW久保竜彦やMF柏木陽介らがつけてきた番号。「伝統があるし、恥じないようなプレーをしたい。今季は最低でも背番号と同じ得点数を決めたい」と目標を掲げた。

 13日には、右膝内側側副じん帯損傷で最終予選メンバーから外れた同じ広島のMF野津田岳人(21)から激励のメールも届いた。「岳人の分までやる。初戦に出られなかった悔しさをぶつけたい」。仲間の思いも背負い、一気に決勝Tへの切符を奪う。(田中 雄己)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ