【なでしこ】GKは福元が有力 韓国戦先発3人変更へ

2016年3月2日6時0分  スポーツ報知

 ◆リオデジャネイロ五輪女子サッカーアジア最終予選 第2節 日本─韓国(2日・キンチョウスタジアム)

 リオデジャネイロ五輪出場を目指すなでしこジャパンは1日、2日の韓国戦に向け、大阪・堺市内で軽めに調整した。2月29日の初戦でオーストラリアに1―3で敗れて、早くも崖っぷちに追い込まれた中、MF川澄奈穂美(30)=INAC神戸=は韓国代表で日本でもプレー経験のあるFWチ・ソヨン(25)=チェルシー=を警戒。元ルームメートとの対決を制し、2枠の出場権獲得へ望みをつなぐ。

 中1日で臨む韓国戦は先発3人の入れ替えが予想される。佐々木則夫監督(57)は「1人1人の特性は分かるので代えても問題ないと思いますけど、こういう状況だとトーナメントの意識でやらないといけない」と大幅なてこ入れは否定したが、守備の連係や攻撃の組み立てを意識し、11人を選ぶことになる。

 GKは32歳のベテラン・福元の起用が有力。初戦は山根の不安定なキックからピンチを招く場面もあり、福元は「もっとプレーを切る判断ができれば、結果も変わった。次を落としたら五輪出場はないという覚悟でしっかり守りたい」と出番へ燃えている。攻撃では起点になれる宮間を左サイドハーフに上げ、空いたボランチに川村、2トップにはフィジカルが強い高瀬の起用が考えられる。

なでしこジャパン
  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)