日本協会が新ロゴなど発表、「モダンに精緻化」された八咫烏に

2016年3月27日18時43分  スポーツ報知

 日本サッカー協会は27日、新たなJFAロゴタイプとJFAシンボルを発表した。

 アルファベット3文字タイプロゴは「時代を超えて愛され続ける、普遍的なモダンさ」を狙った安心感のある普遍的なデザイン。八咫烏のJFAシンボルは「3本足の烏の特徴を活かし、モダンに精緻化したデザイン」で、線、角度などを整理し、めりはりとダイナミズムが付加されているという。

 リリースによればロゴ刷新の目的は「『JFA2005年宣言』に掲げる『サッカーファミリー1000万人』『FIFAワールドカップの日本開催及び、優勝』という大きな夢の実現に向け、組織全体として取り組む中で、アイデンティティを再構築する第一歩となる」と説明している。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)