196センチのシュミット、代表GK合宿でアクシデント 19日の練習参加微妙に

2016年10月18日19時20分  スポーツ報知
  • 引き揚げるシュミット(右から2人目)に声をかけるハリルホジッチ監督(左から2人目

 日本代表候補のGKのみを集めた合宿2日目が大阪府内で行われ、初招集されたGKシュミット・ダニエル(24)=松本=がシュート練習中に左足首を痛めるアクシデントに見舞われた。練習後、病院に直行したシュミットは、合宿最終日となる19日の練習参加も微妙な状況となった。

 今合宿で日本代表・ハリルホジッチ監督は「現代のGKは190センチ以上ないと、いいGKとは言えない」と断言。アメリカ人の父と日本人の母を持ち、参加6人で最長身の196センチとワールドクラスの体格を持つシュミットは指揮官から大きな期待を受けていたが、無念の離脱となる可能性が出てきた。

 午前、午後の2部練習が行われたこの日は、現役のJリーガーやJクラブのGKコーチなど、約50人が見学に訪れた。午後に行われた練習では、大学生の練習パートナーが放つシュートに対し、ルグシッチGKコーチがセービング時の手の形まで細かく指導。選手や関係者も、真剣な表情で指導に耳を傾けていた。

SAMURAI BLUE
  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ