欠場濃厚の長谷部「サードオピニオンも聞く」左膝かばいながらドバイへ

2017年3月20日5時0分  スポーツ報知
  • フランクフルト空港からUAEに出発する長谷部

 【フランクフルト(ドイツ)19日=羽田智之】2018年ロシアW杯アジア最終予選で大一番のUAE戦に臨む日本代表は、主将・MF長谷部誠(33)の欠場が濃厚となった。所属するフランクフルトが、20日以降に痛めていた左膝の手術を受けると発表した。長谷部は19日午前、フランクフルト空港に姿を見せ、日本代表に合流するため、UAEのドバイ行き航空機に搭乗した。スポーツ報知の取材に対し、受傷した患部を詳しく検査する考えを明かした。

 歩行に影響はないものの、長谷部は左足をかばうそぶりを見せた。「今、この状況で話せることはそんなにない。とりあえず向こう(UAE)に行きます」。 UAE戦の帯同についても「それも、向こうで(ハリルホジッチ監督と)全部話をしないといけない」と硬い表情で明かした。

 11日のバイエルン戦で相手のシュートをクリアした際にゴールポストに激突し、負傷。当初は左すねを痛めたとされた。フランクフルトは20日以降に内視鏡検査を受ける予定だと発表している。「セカンドオピニオン、サードオピニオンを聞きに行こうと思っています」と長谷部。負傷の状態を確認するため、代表ドクターとも話をする。

SAMURAI BLUE

  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ