26年W杯アジア枠が「4・5」→「8」大幅増へ

2017年3月31日2時0分  スポーツ報知

 国際サッカー連盟(FIFA)は30日、出場チーム数が現行の「32」から「48」に拡大される2026年W杯(開催地未定)の大陸別出場枠の案を発表した。アジア枠は現在の「4・5」から大幅増の「8」になる。

 5月のFIFA理事会で承認されれば正式決定となる。

 そのほかの地域の出場枠も増える。アフリカは現行の「5」から「9」に。北中米・カリブ海は「3・5」から「6」、南米は「4・5」から「6」、オセアニアは「0・5」から「1」、欧州は「13」から「16」になる。

 残り2枠は欧州以外のチームによる大陸間プレーオフなどで決まる。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)