【U20】内山監督「スペース与えると厳しい。コンパクトに戦いたい」南ア戦前日会見

2017年5月20日15時47分  スポーツ報知

 U―20W杯に5大会ぶり9度目の出場となるU―20日本代表の内山篤監督(57)が20日、1次リーグ初戦の南アフリカ戦(21日)に向けた前日会見を行った。試合会場の水原W杯競技場内で行われた会見には、主将のMF坂井大将(20)=大分=、南アフリカ代表のセノング監督(36)、同代表DFマレペと共に出席。「南アフリカ、ウルグアイ、イタリアという各大陸の異なった強豪チームと同じグループに入った。心身共にいい準備ができているので、1次リーグを突破して、ひとつでも上にいきたい」と力強く言い切った。

 対戦相手の南アフリカについては「身体能力が高いし、特に前線のタレントはスピードがある。スペースを与えると厳しいので、従来通りにコンパクトに戦いたい。大会初戦は硬くなるものだが、しっかり結果が出れば若い選手たちだけに勢いをつけていけると思う」と話した。

 坂井主将は「最高の雰囲気で大会に臨めると思います。まずは南アフリカ戦をものにして、1次リーグを突破したい。僕たちは失うものはないので、チャレンジャー精神を持ってやっていきたい」と意気込んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)