岡崎、2度目“W杯決定弾”誓う「『自分が決めたい』という気持ちで」

2017年6月19日7時0分  スポーツ報知
  • サイン入りボールを小学生にプレゼントする岡崎慎司

 サッカー日本代表FW岡崎慎司(31)=レスター=が18日、W杯アジア最終予選オーストラリア戦(8月31日・埼玉)で自身2度目の「W杯決定弾」を誓った。南アフリカW杯出場を決めた09年6月の最終予選ウズベキスタン戦(1〇0)で決勝点。勝てば6大会連続出場が決まる大一番へ「『自分が決めたい』という強い気持ちで向かわないと勝てないと思う」と、8年前の再現をイメージした。

 この日は出身地の兵庫・宝塚市で行われた凱旋記念イベントに出席。「来季は本当に正念場」と危機感をあらわにしたように最終予選8試合で先発3試合、1得点だけ。レスターでも今季3ゴールに終わった。「(英国で)『FW失格』とたたかれた。必ず我慢が実を結ぶと信じている」と自分に言い聞かせた。(伊井 亮一)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)