9月までにW杯決まれば10月に親善試合2戦

2017年7月14日6時0分  スポーツ報知
  • ハリルホジッチ監督(中央)

 日本サッカー協会は13日、日本代表がロシアW杯アジア最終予選、8月31日オーストラリア戦(埼玉)または9月5日サウジアラビア戦(ジッダ)でW杯出場を決めた場合の10月の活動予定を発表した。

 10月6日に愛知・豊田スタジアム、同10日に神奈川・日産スタジアムで親善試合を行う。対戦相手は未定だが、9月に予選が終了しているアジア地区か、他の地区の予選で既に敗退しているチームなどが対象となりそうだ。

 出場が決定しなかった場合、アジアB組3位となる日本は、同A組3位とアジア地区のプレーオフをホーム&アウェーで実施し、10月5日に敵地、同10日に埼玉スタジアムで試合を行う。これに勝つと、11月の大陸間プレーオフに進み、北中米・カリブ海予選4位とW杯切符を争う。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)