日本、1―0で後半開始…両チーム交代なし

2017年8月31日20時42分  スポーツ報知
  • 前半41分、浅野が先制ゴールを決めジャガーポーズで喜ぶ
  • 前半41分、浅野が先制のゴール
  • 前半、必死に守る日本DF陣

 ◆2018年ロシアW杯アジア最終予選B組 日本―オーストラリア(31日、埼玉スタジアム2002)

 勝てば6大会連続6度目のW杯出場が決まる日本―オーストラリア戦は、前半41分、FW浅野のゴールで日本が先制。1―0で後半のキックオフを迎えた。両チームに選手交代はなかった。

 日本は前半41分、長友のクロスにFW浅野がオフサイドぎりぎりで抜け出して左足インサイドでボレーシュート。ゴール右へけり込むと、恒例の“ジャガーポーズ”で喜びを表した。

 オーストラリアのキックオフで試合開始。厳しいプレスでボールを奪い、立て続けにCKを2つ奪う立ち上がりを見せ、DF酒井宏がヘディングシュートを放った。同14分には左ウイングでW杯予選初出場のFW乾貴士が右サイドに流れてボールを持つと、ゴール右45度から左足でカーブをかけたミドルシュートを放った。

 オーストラリアも前半38分、MFレッキーの放ったシュートがDF吉田の足に当たり、ゴールポストに当たって阻まれる場面も。日本優勢ながら一進一退の攻防の中、日本が1点をリードして試合を折り返した。

SAMURAI BLUE
  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ