ハリルホジッチ監督、W杯予選2試合を4時間かけて振り返る

2017年9月9日6時0分  スポーツ報知
  • ハリルホジッチ監督

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)は8日、都内のJFAハウスでスタッフ会議を行った。2018年ロシアW杯出場権を獲得した8月31日のアジア最終予選・オーストラリア戦(2〇0)、5日の同サウジアラビア戦(0●1)をVTRで振り返るなど約4時間実施。9日に「プライベートな理由」で故郷のボスニア・ヘルツェゴビナへ帰国するため、コーチングスタッフの海外やJリーグ視察日程も話し合われた。

 日本協会はこの日、12月に日本で開催する東アジアE―1選手権(旧・東アジア杯)の対戦カードを発表。男子は12月9日に北朝鮮、12日に中国、16日に韓国と味スタで対戦する。国際Aマッチデーではないため国内組で臨む予定。女子は同8日に韓国、11日に中国、15日に北朝鮮とフクアリで対戦する。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)