森保氏に史上最高年俸提示へ 東京五輪代表監督に一本化

2017年9月27日5時0分  スポーツ報知
  • 五輪代表監督就任が濃厚となった森保氏

 日本サッカー協会が、20年東京五輪の男子日本代表監督候補として一本化している前J1広島監督の森保一氏(49)に、五輪代表監督としては史上最高額とみられる年俸の提示を検討していることが26日、分かった。これまでは3500万円前後が相場だったが、東京開催で結果が求められる重圧とJ1で連覇を含む優勝3回の実績を加味し、協会幹部は「今までよりは多くなりそうだ」と増額の可能性を示唆した。

 日本協会はこの日、都内で技術委員会を開き五輪監督の人選について討議。決議はなく、西野朗技術委員長(62)に一任する方針を確認した。今後は西野氏が森保氏に正式な就任要請を行い、下交渉の段階で前向きな意向を示しているとみられる同氏との交渉がまとまれば、10月12日の理事会で承認される。

 技術委員会ではJリーグ優勝経験、五輪代表監督経験などを条件として各委員から複数の候補者を挙げてもらった。森保氏のほか今季限りでG大阪を退任する長谷川健太監督(52)、昨年のクラブW杯で2位に入った前鹿島監督の石井正忠氏(50)、北京五輪代表監督で現J2松本の反町康治監督(53)、ロンドン五輪代表監督の関塚隆氏(56)に加え「私の名前もあった」とアトランタ五輪代表、G大阪監督などを歴任した西野氏も挙がったという。

 その上で技術委員会として「Jリーグの中で若手に対しての指導力、トップチームでの実績、勝負に対する厳しさ、変化に対して柔軟に対応できるタイプで一致した」と西野氏。森保氏は育成年代の日本代表コーチ経験もあり、広島監督時代は日本代表FW浅野拓磨(現シュツットガルト)を育てた。オフに多くの主力を引き抜かれた広島で3度優勝するなど実績も十分。西野氏は「そう遠くはない時期に決まる」と語った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ