ハリル・ジャパン、前半でシュート9本浴びせながら0―0

2017年10月6日20時20分  スポーツ報知
  • いらだつハリルホジッチ監督
  • 前半12分、シュートを放つ大迫

 ◆国際親善試合 日本―ニュージーランド(6日、豊田スタジアム)

 日本は前半だけで9本のシュートを浴びせながら1点も奪えず、0―0で前半を折り返した。

 開始直後の前半1分、4試合ぶりに先発したMF香川がファーストシュート。その後も香川、FW大迫、FW武藤のシュートを放ったが、ゴールマウスも捕らえることができなかった。

 同33分にはFW久保がシュートを放ったが、ゴール左に外れてゴールならず。ハリルホジッチ監督はその3分後、タッチラインを割って転がってきたボールをピッチ内に蹴りこみ、いらだちを隠さなかった。

 一方的に攻める時間が長かったが、前半の中盤以降はニュージーランドにシュートを許す場面も。見所が多くないまま前半終了を告げるホイッスルが響いた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)