倉田「決勝点で貢献できてよかった」代表初ゴールで日本辛勝

2017年10月6日21時25分  スポーツ報知
  • 後半42分、倉田が勝ち越しゴールを決めガッツポーズ(右は杉本)

 ◆国際親善試合 日本2―1ニュージーランド(6日、豊田スタジアム)

 MF倉田秋(28)=G大阪=が値千金の勝ち越しゴールを決め、日本が2―1でニュージーランド破った。

 後半37分に井手口と入れ替わりで途中出場。その5分後だった。FW乾が左サイドで仕掛けてクロス。ゴール右にいたDF酒井宏がヘディングで折り返したところ、正面に詰めていた倉田が低空のボールを慎重にヘディングで押し込んだ。倉田は「宏樹がいいところに落としてくれた。押し込むだけだった。決勝点という形で貢献できてよかった」と喜びを語った。

 前半にシュート9本を浴びせながらゴールを奪えなかった日本は後半4分、MF山口の左足シュートが相手DFの手に当たってPKを獲得。FW大迫が同5分にPKを決めて先制した。しかし同14分、191センチの長身FWウッドにヘディングシュートを決められ、追いつかれた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ