五輪代表・森保監督、初陣に久保建英呼ばず 大学生が中心に…12月タイで「M―150CUP」

2017年11月15日6時0分  スポーツ報知

 東京五輪代表の森保監督が、初陣となる12月にタイで行われる「M―150CUP」に大学生を呼ぶ意向があることが14日までに分かった。協会関係者によると、柏DF中山雄太(20)や福岡DF冨安健洋(19)らクラブで主力を務める選手は招集せずに、活動が本格化する来季に向け休養させる方針。U―17、U―20W杯を経験したF東京FW久保建英も呼ばない見込みだ。

 代わりに注目しているのが大学生。5月のU―20W杯では早大GK小島亨介(3年)が唯一メンバー入りしたが、他にも筑波大MF三笘薫(2年)、順大FW旗手怜央(2年)ら逸材は多い。就任後初の視察に関東大学リーグを選択し「年齢、実績に関係なく扉は開かれている」と話していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ