ハリル監督、ベルギーに敗戦も「大きなライオンを倒すところまでいった」

2017年11月15日7時19分  スポーツ報知
  • ルカクのヘッドに屈した日本(ロイター)

  ◆国際親善試合 ベルギー1―0日本(14日、ベルギー・ブルージュ)

 FIFAランク44位のハリル・ジャパンは14日(日本時間15日)、敵地で同5位のベルギーと対戦し、0―1で惜敗した。

 バヒド・ハリルホジッチ監督は試合後、「選手は本当に大きなライオンを倒すところまでいったぞとロッカールームで伝えた」と一定の手応えを示した。

 また指揮官は「一言だけ。残念。チームはいい試合をした。1人の選手に4人が抜かれてもったいない失点をした」と先制点を許したシーンを振り返り、「それ以外はブラジル戦よりも本当にいいゲームコントロールができていた。攻撃では得点につなげるチャンスあったがそれができなかった。いい結果を求めてたので少し残念です」と語った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ