【U21】森保監督「ウズベキスタンが上だった」…0―4で準々決勝敗退、連覇ならず

2018年1月19日19時15分  スポーツ報知
  • 森保監督

 ◆U―23アジア選手権2018 ▽準々決勝 U21日本 0―4 U23ウズベキスタン(19日、中国・江陰スタジアム)

 森保ジャパンが、ウズベキスタンに0―4と大量失点を喫して敗退した。

 前半31分から同39分まで立て続けに3失点。後半開始早々にも1点を奪われて突き放された。前回大会覇者の日本は前半のシュートが0本。試合を通じてもわずか3本に封じられる完敗だった。

 森保監督「ウズベキスタンが総合力が上だったと結果に出た。個人の判断や、局面での強さ、チームの成熟度、ともにまだまだ我々は追いついていかなければならない。そういう力の差はあったと思う。チームが立ち上がったばかりで選手達ももっと成長してもらって、より良いチームに、個としてもより良い選手に育ってもらえるように活動していきたい」

 神谷優太主将「立ち上がりは良かったんですけど、相手が強かったということですね。こんな経験できないと思うので、この経験をみんなどれだけ生かしてやれるかと思う。帰ってからもそれを忘れずにやっていきたい」

サッカー日本代表
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ